HOME >> ちくしっこだより >> 平成25年度
  • 本園のご案内
  • 教育理念
  • 方針
  • 園長挨拶
  • 園長だより
  • 沿革
  • アクセス
  • 通園バスコース
  • お問い合わせ
  • プライバシーポリシー

アクセス

ちくしっこだより (3月)
― 2月・3月 年長組「夢のお誕生会」 ―
 さくら2組の企画進行で2月20日(木)・3月6日(木)に、2月と3月の「年長組 夢のお誕生会」が行われました。
 2月の誕生会では、誕生児が雪の精に変身して登場!年長組役員のお母様方によるハンドベル演奏や、親子で「あったまろう」のふれあいあそび を楽しみました。

雪の国のかわいい雪の精が登場!
代表の友達からすてきなプレゼントをいただきました。

お母様や友達とふれあいあそび!
心も体もあったまりました。

 
さくら2組が考えた「ゆきだるまらんち」

 幼稚園最後の3月夢の誕生会が、お内裏様やお雛様に見守られながら楽しく行われました。
 ○×ゲームでは全員参加し、「幼稚園クイズ」と題して幼稚園にまつわる質問に分かれて答えました。質問は6つありましたが、全問正解者が9人もいましたよ。

待ちに待った3月の誕生会!
仲良しの友達から、バースデーブックをいただきました。

「○×ゲーム」にはお母様方も参加していただき、
親子で答えを考えながら楽しむ姿が見られました。

 
さくら2組が考えた 「わくわくすぺしゃるらんち」


― ひなまつり~お母様方によるハンドベル演奏 ―
 2月28日(金) 幼稚園で「お雛様まつり」を行いました。お雛様の由来について子どもたちに質問したところ、担任の日々の保育の成果?があり、どのクラスもよく答えていました。その後、先生による手作り影絵「こびとと くつや」や「うたあそび」、年長組役員のお母様方によるハンドベル演奏が行われました。「花はさく」のサプライズ演奏では、全園児が自然に口ずさみ、最後は大合唱!! 感動的な一場面がありました。 年長組役員のお母様方、本当にありがとうございました。

お内裏様とお雛様がお飾りについて話をはじめ、
子どもたちはビックリ!

お母様方が心を込めて演奏してくださり、
感動で涙が思わずあふれてきました。

 

「コントラバスは主役にはなれない
けれど、他の楽器を支える
大切な楽器です。」と
教えていただきました。

お雛様とお話、影絵や
ハンドベル演奏など
楽しい時間を過ごしました。

― 東日本の復興を願って !! ―
 3月11日(火) 東日本の復興を願って、全体集会を行いました。
 万石浦幼稚園が被災した時の写真を子どもたちに見せながら、地震の怖さや命の大切さをお話し、全園児で黙祷・年長組さんより復興支援ソング「花はさく」の歌を捧げました。

 
被災した万石浦幼稚園の
写真を見ました
  「目と耳と心」の3つで
しっかり話を聞いていました。
話の聞き方も驚くほどきちんと
できていました。(大きな拍手!!)

東日本の復興を願って、黙祷!

年長組全員で心を込めて 「花はさく」を歌ってくれました。

 全体集会の3日後に、北九州市でも愛媛県を震源地とした地震がありましたね。このことを各クラスで話し合い、保育に取り入れました。子どもたちは「寝ていてわからなかった。」「携帯の音の方が怖かった。」「目が覚めてパパにしがみついたよ。」「こたつにもぐった。」「お母さんが(頭から)布団を掛けてくれた。」と様々な思いを話してくれました。中には自分の体験を通して「東日本の人たちはこの何倍も揺れていて怖かっただろうね。」と東日本の方たちを思う言葉もありました。少し怖い思いもしましたが、この経験が「命の大切さ」「人への思いやり」「家族の愛情」など感じさせてくれ、「ちくしのこころ」がまたひとまわり大きく育ったようです。
 幼稚園では今後もこうした保育を大切に行ってまいります。ご家庭でもぜひこれを機会に「命」について話し合ってみてください。


― おわかれ園外保育~「勝山公園に歩いて行ったよ!」 ―
 3月12日(水) 天候に恵まれ暖かい日差しの中、全園児で「勝山公園」へおわかれ園外保育に行きました。年長組さんが小さい組さんの手を引き、頑張って歩きました。
 公園に到着すると、園バスに乗ってきたもも組さんがお出迎え! みんなで「お約束」を確認した後、たくさんの遊具で元気いっぱいのびのびと遊びました。年長さんが自覚を持って、お相手の友達に合わせて上手に遊んでいる姿を見て成長を感じ、小学校へ行っても大丈夫と確信しましたよ!
 その後、年長組・年中組・年少組・もも組でたてわりのグループに分かれて、おうちの方の愛情いっぱいのお弁当を食べました。たくさん遊び、お弁当を食べて、心も身体もぽっかぽかになりました。(この日は疲れてかえってきたことと思います。たくさんのご配慮に感謝いたします。)

 
仲良く手をつないで
「いってきま~す。」
   ちょっと怖いけど頑張って挑戦!

 

お兄ちゃんと一緒に!

  自然の恵みやおうちの方に感謝して・
「いただきま~す。」

 「ちくしっこだより」を通して、平成25年度の子どもたちの姿や保育内容をお知らせしてまいりました。 子どもたちと過ごす園生活は感動の毎日で、この紙面だけではお伝えしきれないほど、子どもたちは日々いきいきと活動し、本園の建学の精神「ちくしのこころ」が大きく成長できました。
 これもひとえに保護者皆様お一人お一人のたくさんのご協力のおかげと感謝の気持ちでいっぱいです。
 本当にありがとうございました。

※上記の写真に関しましては、保護者承諾を頂いております。
ちくしっこだより (2月)
楽しかった生活発表会~またひとまわり「ちくしのこころ」が大きく育ちました。
 

【 1月25日(土) 】
~たんぽぽ組・ちゅうりっぷ組・きく組・ゆり組生活発表会~

大切な友達!大切な自分!!
ゆり組みんなが一人一人輝いていけるようにと願いを込めて
楽器あそびをしました。

ゆり組では『親子の絆』を表現しようと
「にゃんきちいっかのだいぼうけん」を 発表!

きく組では『恐竜』をテーマに小さな恐竜をイメージした曲
「GON GON GON ~小さな王様」の楽器あそびや
『ちびっこザウルス」のオペレッタを発表!

大好きな恐竜をテーマにした曲を
みんなで心を一つにして演奏しました。

ぶんかさいでおすし作りをして以来、おすしに関するあそびが広がり、
その遊びを取り入れアレンジして、たんぽぽ組ならではの遊戯
「おすしやさん」を発表!

たんぽぽ組・ちゅうりっぷ組合同で、歌「おはなしゆびさん」、
楽器「おもちゃのチャチャチャ」を楽しく演奏しました。

年長組さんが育てていた野菜に興味を持ち、
農事センターで更にかぼちゃに興味を持った
ちゅうりっぷ組さんならではの表現「おおきな かぼちゃ」を発表!


【 2月1日(土) 】
~もも組・ひまわり組・すみれ組・ばら組生活発表会~

絵本「トントンパン屋さん」からパンに興味を持ち、
ぶんかさいでパンをつくったりパン屋さんごっこをしたりして遊びが広がり、
発表会では、かわいいこねこのパン屋さんに変身して、
ひまわり組ならではの遊戯を発表!

ひまわり組・すみれ組合同で、歌「こぶたぬきつねこ」、
楽器は運動会の親子遊戯の曲「みんなのハッピーバースディ」を
明るく元気いっぱいに演奏しました。

大好きなリトミックのケンケンパーや動物のまねっこあそび、
歩きましょうのリズムの手拍子を取り入れ、
「みんなでたいそう・おめでとうを100回」を親和の心で踊りました。

かわいい動物に変身し、大好きな電車に乗って、
もも組20名のお友達がおでかけ しま~す。
日頃の活動から楽しい表現あそびへと発展しました。

こどもたちと歌詞を考えて、ばら組ならではの歌
「そうだったらいいのにな」とばら組みんなが楽しいと思う
子どもの世界をイメージしながら、楽器「小さな世界」を演奏しました。

紙芝居「いなかのねずみと町のねずみ」をきっかけに
イメージを膨らませながら、踊りもみんなで考え、
いなかや町のねずみになりきって表現!


【2月8日(土) 】
~ 学園講堂にて年長組生活発表会
・・・東日本大震災の復興を願って 〜 
「会場の皆様と心を一つにして歌い、東日本の皆様に向けて
すてきな花を咲かせましょう」と、東日本復興支援曲「花は咲く」を歌い、
ご両親・友達・周りの環境・ 自然の恵みなどに対して
感謝と喜びの気持ちを込めて、
楽器あそび「ベートーヴェンメドレー~運命・歓びの歌」を元気に演奏しました。

虫が大好きなさくら2組の子どもたち!
ぶんかさいでは「虫」をテーマに絵画制作を 楽しみ興味を深めていきました。
発表会でも 虫をテーマに創作劇をつくり、
一人一人がいろいろな虫に変身して表現しました。

ぶんかさいで製作した「おにぎりが島」の 世界を
鬼や鬼の家・陶芸の鬼作り・童人形等 の活動がきっかけとなり、
今回の創作劇へと 発展!
日頃の保育活動がそのままお話の中に盛り込まれ、
いきいきと表現できました。

東日本大震災以降、宮城県万石浦幼稚園との交流を通して
東日本に親しみを持ちました。
また昨年NHK大河ドラマ「八重の桜」が大ヒットし
子どもたちにも親しまれていることや、
室井園長先生が福島県の出身であることから、
東日本を応援するため、剣舞「白虎隊」に取り組みました。
園長先生から礼儀作法や剣を抜く時の心構え、剣の使い方・納刀の仕方など、
直接ご指導いただき、練習を重ねる中で、 踊る時は幼顔が
凛とした表情に変って行きました。
当時、小倉藩は会津と一緒に戦って小倉城も燃え落ちています。
今回小倉の「ちくしっ子」が踊ったことで、
会津の白虎隊の方たちもきっと喜んでくれたことでしょう。

広き日本の夜明けを見据えた「坂本竜馬」のように、
もうすぐ幼稚園から小学校へと希望を持って羽ばたく子どもたち!
そろいのハッピを身にまとい、一打一打に「ちくしのこころ」を込めて
掛け声も勇壮に、ちくし太鼓「龍馬伝」を演奏しました

手話「世界が一つになるまで」、歌「アンパンマンと一緒に遊ぼう!」
保育学科生の有志の方が参加、お手伝いもしてくださいました。

年長組の兄弟関係の子どもたちが大きな舞台で元気に歌あそび
「パンダうさぎコアラ」「手をたたきましょう」を発表してくれました。

園児のために役員のお母さま方が急きょハンドベル隊を結成!
東日本大震災で被災された方々に祈りをささげ、
心をこめて演奏してくれました。
「バタフライ」他3曲、心が洗われるようなすてきな音色でした。

本園の生活発表会は日常保育の中で、各学年・各クラスそれぞれ子どもたちの興味関心を 持っていることをテーマに表現あそびへと発展したものです。各年齢に応じた発表内容で、一年間の子どもの成長や発達段階を見ていただけたのではないでしょうか?
 この生活発表会を行うにあたり、たくさんの皆様にお力添えをいただき、特に「白虎隊」では、 安河内みどり先生の熱心なご指導や若松第一幼稚園の先生方のご協力をいただきました。 おかげさまで実り大きい発表会になりましたこと深く感謝いたします。ありがとうございました。

※上記の写真に関しましては、保護者承諾を頂いております。
ちくしっこだより (1月)
― 学園の食物感謝祭に参加~「 七草粥を食べたよ! 」 ―
 1月7日(火)新年を迎え、幼稚園ではホームクラスが開始!学園では毎年仕事始めに食物感謝祭が行われます。 今年は、幼稚園園児も参加させていただきました。
 まずは「おもちつき」~「ぺったん!ぺったん!!」友達や大学のお兄さんお姉さん・先生方の応援を たくさんいただきました。12月に幼稚園でおもちつきを経験したばかりなので、みんな一人で上手につくことができましたよ。
 その後は「ぜんざい」と「七草粥」をごちそうしていただき、お土産につきたてのおもちをいただきました。
 しだいに日本の良き伝統行事を行わなくなってきているこの時代に、学園の先生方のおかげで日本の伝統行事にふれ親しむことができた一日でした。
(これからも日本ならではの美しい言葉や文化をできるだけ子どもたちに継承していきたいものです。)

 
「ぺったん ぺったん、おもちつき」

こうしておもちをちぎるのよ。

おいしいね


― 保育学科お楽しみ発表会を見に行ったよ! ―
  1月11日(土) 保育学科お楽しみ発表会を見に行きました。2部構成で幼稚園は1部だけの参加でしたが、園児向けの内容にしてくれており、楽しんでみることができました。
 「おむすびころりん」の影絵ではおにぎりがころころ転がる場面を喜び、「はらぺこあおむし」ではさなぎから蝶になった時、「きれい!」と感動していました。他にも子どもたちが大好きなアンパンマンが登場し、一緒に歌って踊って楽しいひと時を過ごしました。最後にもも組さんが代表でアンパンマンから素敵なアンパンマンペンダントをいただき、帰りは全園児、喜んでペンダントをかけておうちへと帰っていきました。

お話の世界に入り込んでいる子どもたち!!


「(ペンダント)ありがとう!」

― 1月年長組誕生会「お正月あそび誕生会」 ―
 1月16日(木) さくら1組の企画進行で年長組の夢のお誕生会~「お正月あそび誕生会」が大学のお部屋でいつもの環境や雰囲気が違うなか行われました。
 誕生児はお殿様やお姫様に変身して登場!まるでお侍さんの時代にタイムスリップしたようでした。
 ゲームでは「人間あみだくじ」のゴールでカードを引きカードに書かれている「こま回し」「福笑い」など 親子でふれあい楽しみました。

 
お殿様・お姫様に変身!!
「にあうでしょう。」
  みんなで「昆虫太極拳」を踊り、
全員免許皆伝をとりました。

 
手作りこま回し!!
一等賞はお母さまでした。
  目隠しして大きな顔の
「福笑い」に挑戦!

 
さくら1組が考えた「おとしだまびっくりばいきんぐ」

― ウソン大学学生さんとの交流~ちくしっこの「お・も・て・な・し」―
 1月20日(月) 韓国よりウソン大学の学生さんが幼稚園見学に来られました。
 韓国では雪のため飛行機がなかなか出発できず、1時間遅れで幼稚園の到着となりました。少し待ちくたびれたもも組さん・年少組さん・年中組さんもお客さまのお顔が見えると喜んで廊下からお出迎え! 講堂では年長さんが「アニョンハセヨ」と韓国語でご挨拶、「ヨサコイchikara」を披露し「オクラホマミキサー」を一緒に踊り、学生さんからは韓国のご挨拶の歌あそびを教えていただきました。
 他にもホームクラスの年長組さんが記念館の作法室で季節のお菓子とお抹茶をお運びし、ちくしっこの心から「お・も・て・な・し」を学生さんたちはとても喜んでくださいました。
「アニョンハセヨ」元気にご挨拶!

 
「オクラホマミキサー」を
一緒に踊り、親睦を深めました。
  季節のお菓子とお抹茶をお運び

インターネットで学生さんが調べて本園に関心を持ち来てくださったとのことでした。
東筑紫の教育もいよいよ世界進出?です。

※上記の写真に関しましては、保護者承諾を頂いております。
ちくしっこだより (11月)
― ちいさなおともだちとおいもパーティーしたよ! ―
 小倉南区長野の畑で年長組さんがお芋をたくさん掘ってきてくれたので、11月13日(水)に恒例の「おいもパーティー」を行うことができ、今年は「このゆびと~まれ!!」で幼稚園に遊びに来た未就園児さんにもおいもパーティーに参加していただきました。
 ゆり組・たんぽぽ組・すみれ組・もも組グループ、さくら1組・ばら組・ひまわり組グループ、さくら2組・きく組・ちゅうりっぷ組グループに分かれ、年長組さんからいも掘りの感想を聞いたり、「やきいもグーチーパー」等の歌あそびを楽しんだり、一緒にできたてのお芋を食べたりして、友達と収穫の喜びを感じ、自然の恵みに感謝した一日でした。

11月8日(金)芋掘りへ

 
芋を洗って
「おいも パーティー」の準備!
  未就園児さんと一緒に
「おいものたいそう」をしました。

 
年長組さんから
いも掘りのお話を聞きました。
  「おいしいね」


― あきのちくしオリンピックたのしかったね。 ―
 11月14日(木) 曇り空ではありましたがよい気候の中、保育学科生のお兄さんお姉さんと一緒に「第4回あきのちくしオリンピック」を開催し、年長組さんが「障害物リレー」「立ち幅跳び」「なわとび」「リレー」の4種目を競いました。
 年中組・年少組・もも組さんは教師と一緒に手作りの応援グッズを手に楽しく応援する中で「私も年長組さんになったらがんばる!」と意欲満々の姿が見られました。
 その後、幼稚園で育て収穫した稲を、一粒ずつ心をこめてもみとりをしたお米で栄養士さんにご飯を炊いていただき、自分で「おにぎり」を作って給食を食べました。


「自分でおにぎり作ったよ!」

「第3回あきのちくしオリンピック」各賞をお知らせいたします。
勇気賞
(立幅跳び)
1位 2.平川樟悟
2位 2.田口航
2位 2.福岡昊志
親和賞(リレー) 1位 さくら2組 2位 さくら1組 3位 保育学科生
愛賞(なわとび) 1位 2.桐原すず音 2位 1.藤野眞子 3位 保育学科生
知性賞
(障害物リレー)
1位 さくら1組 2位 さくら2組 3位 保育学科生
愛賞(応援) もも組  

 今年も素敵なペンダントをご家庭に持ち帰ったことと思います。当日は園児・教師・保育学科生が一体となり本当に楽しいひとときを過ごすことができました。園児一人一人の心の中に「筑紫の心・勇気・親和・愛・知性」の賞が刻まれたことでしょう。またたくさんの保護者の皆様にも応援をいただき本当にありがとうございました。

保育学科生のお兄さん・お姉さんから
ごほうびに手作りペンダントをいただきました。

表 彰 式


― 11月のお誕生会「 ちくしおにが島収穫感謝祭誕生会 」 ―
 11月28日(木) さくら1組の企画進行で年長組の夢のお誕生会~「ちくしおにが島収穫感謝祭誕生会」が行われました。
 誕生児に鬼からちくしおにが島への招待状が届き、おみこしを担いで出発!! おにが島に着くと魔法をかけてもらい鬼に変身し 仲間に入れてもらいました。
 おにが島では自然の恵みに感謝して収穫した(作った)お芋や おにぎりを飾り、「おにのパンツ」「赤鬼と青鬼のタンゴ」「おいもの体操」など楽しく歌って踊ってお祝いしました。

 帰りは魔法を解いてもらって元の子どもの姿に戻ったのですが・・・・。
お子さんの頭を見てみてください。「ひょっとするとまだ角がのこっているかも??」です。
鬼のおみこしを担いで 「ちくしおにが島」へ

「赤鬼と青鬼のタンゴをみんなで楽しく踊りました。」

 
「生んでくれてありがとう」の
気持ちを込めて肩たたき!
  収穫を祝って総踊り
「CHIKARA」

 
さくら1組が考えた「あきのみのりらんち」

※上記の写真に関しましては、保護者承諾を頂いております。
ちくしっこだより (10月)
― 10月のお誕生会「 ハロウィンパーティー 」 ―


おばけから招待状が届きました

 10月3日(木) さくら1組の企画進行で年長組の夢のお誕生会~「ハロウィンパーティー」が行われました。
おばけから「おばけのダンスパーティーにきてください。いっしょにおどりましょう。」と招待状が届き、 もも組さんや年少組さん・年中組さんは大喜び!
当日を楽しみに魔女の「マント」「帽子」・黒猫の「お面」 など仮装の小道具作りをしました。

 誕生会では保護者の皆様にもご協力をいただいて仮装パーティーのはじまりはじまり~。 誕生児と保護者の皆様による「ファッションショー」、年長組全員で「おばけのじゃんけんゲーム」などなど楽しい会となりました。
 園庭では「トリック オア トリート」と大合唱しながら年長組さんのパレードが行われ、全園児そして大好きな教生先生(保育学科生)と一緒にダンスパーティー「おばけの踊り」を楽しみました。また年長組さんから、かわいい黒猫とカボチャのクッキーを手渡され、もも組さんや年少組さん・年中組さんは大満足!!楽しい「ハロウィンパーティー」でした。

 
決めポーズがすてきでしょう?   おばけのダンスパーティーに
きてください。

おばけからの招待状が届き、
みんなで楽しく 「おばけの踊り」をおどりました。

 
さくら1組が考えた はろうぃんらんち
「ジャックオランタンのチキンライス、おいしかったよ!」

※Halloweenとは
万聖節(キリスト教で毎年11月1日にあらゆる聖人を記念する祝日)の前夜祭。
秋の収穫を祝い、悪霊を追い出す祭りです。
「将来の結婚相手を知る方法」のいい伝えもあるそうですよ。


― 板櫃中学校のお兄さん・お姉さんが遊びに来てくれたよ ―
 10月16日(水)~17日(木)の二日間、板櫃中学校2年生が職場体験に来ました。中には卒園児や兄弟関係のお兄さん・お姉さんがいて、東筑紫に来てくれたことをとてもうれしく思いました。
 全クラスに1~2名ずつ入ってもらったのですが、はじめは小さな子どもとのかかわり方に随分とまどっている生徒さんが多く、園児の方が積極的にかかわっていました。「お兄ちゃん先生、絵本読んで~!」と言われ何冊も読んでくれましたよ。二日目には子どもたちも中学生もとても素敵な笑顔になり印象的でした。

 
園児からの質問タイム!
「何時に寝るんですか?」
「10時過ぎです。」「おそ~い。」
  共同製作の自分の顔作り!
ハサミやのりの使い方を
教えてくれました。

― 収穫祭~自然の恵みに感謝して ―
 10月19日(土)、年長組さんが幼稚園バスに乗って「東筑紫学園農園」~南区キャンパスに行き、九州栄養福祉大学の学生さん180名と一緒に収穫感謝祭に参加しました。
「足立山の自然の恵みに感謝!おいもを育て、いも汁をつくって下さったお兄さん・お姉さん、大学の先生方みなさんに感謝!」さくらの木のご神木の前で、学長先生と一緒に感謝の気持ちをお伝えし、九栄大のお兄さん・お姉さんに手伝ってもらいながら、かわいい手でおいも掘り!最後まで頑張って掘り、「筑紫の心」がまた少し育ったようです。
 その後おうちの方に作っていただいた「おにぎり」と九栄大の先生方に作っていただいた「いも汁」を、感謝しながらみんなでおいしくいただきました。特にお兄さん・お姉さんと一緒に自分たちで掘ったおいもの味は格別でした。
 朝は心配していたお天気もお昼頃には少し汗ばむ陽気になり、足立山から自然のパワーをたくさんいただくことができました。


さくらの木のご神木の前で、学長先生と一緒に自然の恵みに感謝して!

 
途中で切れないように
ゆっくりゆっくりおいも掘り!
  自分たちで掘ったおいもの味は
格別でした。

※上記の写真に関しましては、保護者承諾を頂いております。
ちくしっこだより (9月)
― 始業式~防災の日について ―
 9月2日(月)  始業式! 2学期がスタートしました。
 始業式の中で「9月1日は何の日でしょう?」と園児に問いかけたところ、なんと年少組さんから「防災の日!」との答えが返り驚きました。
 きっとご家庭でも防災についてお子さんとお話して下さっていること、また幼稚園での「防災の日」が子どもたちの意識の中に定着してきたことをしみじみ感じたうれしい一日でした。
 これからも子どもたちの発達に合わせて「命の尊さ」を感じてもらえるよう、折に触れ子どもたちと話し合っていきます。

― 一泊保育「もりのいえ」 ―
 9月11日(水)~12日(木) 一泊保育に行ってきました。
 初日の出発の際は、お母さまと離れられず泣いていた子どもたちも「もりのいえ」では元気いっぱい!
 UFOに乗ってきたびっくりーさんの手品を見たり、もりもり山に住んで地球の自然や平和を守っているどんじゃらほいさんとよい子になる約束をしたり…さまざまな活動を通してクラスの絆が深まり、心身ともに大きく成長できた2日間でした。

就寝前、涙ぐむ子どもが数名いましたが、あっという間に 全員ぐっすり!!
「お泊まり大成功!」でしたよ。

お水は少し冷たかったよ!

「ぼくたちも自然を大切にするよ。」
どんじゃらほいさんとお約束

― 秋の遠足 ―
 9月17日(火) 天候に恵まれた中、全園児で遠足に行きました。
 年長組は地域の歴史や建物に興味関心を深め北九州市に親しみを持つことを目的に「北九州市役所~小倉城」へ!
 北九州市役所では市制50周年をお祝いしてポスターと花束を役所の方にプレゼント!!ポスターには「市長さんになりたい」という頼もしいメッセージもありました。その後は市役所や小倉城を探検しました。
 もも組・年少組・年中組は「北九州市立総合農事センター」に行きました。牛の赤ちゃんや馬にふれ、キウイ・アスパラの栽培を見て身近に感じたり、芝生広場でお弁当を食べ、トンボを追いかけて遊んだり・・・自然の中でのびのびと遊んできました。
 お手伝いいただいた役員さん・もも組のお母さまのご協力に心より感謝申し上げます。

市制50周年をお祝いして 「おめでとうございます。」
(年長組)

芝生広場で長縄跳びしたよ。
(年中組)

― 9月の「 おつきみ誕生会 」 ―
 9月18日(水) さくら2組の企画進行で年長組の夢のお誕生会~「おつきみ誕生会」でかわいいうさぎさんに変身した誕生児が入場!
 9月は学長(園長)先生のお誕生月でもあり、一緒にお祝いしました。(事前にさくら2組さんの手作りご招待状をお渡しして参加していただきました。)
 『芸術の秋』にふさわしく九州栄養福祉大学・東筑紫短期大学の「ブラ―シアンサンブル部」による演奏会も開かれ、楽しいひと時を過ごしました。

9月生まれのウサギに変身した誕生児と学長先生!
学長先生にお話をしていただきました。

誕生児・お母様・ブラ―シアンサンブル部によるお月見演奏会~
「アンパンマンのマーチ」 「ニンジャリバンバン」

 
さくら2組が考えた おつきみらんち
「うさぎのお豆腐ハンバーグおいしかったよ!」

― バナナがりにいったよ! ―
 9月26日(木) 年中組が若松にある「ひびき園」へバナナがりに行ってきました。
 ひびき園に到着すると入所者の皆様が全員でお迎えしてくださり、一緒に「歌あそび」を行い、園児から四つ葉のクローバーの手作りカードをプレゼント!
 その後 待ちに待った「バナナがり」を行い、バナナと栗をいただいて帰りました。
 出発前に「バナナの花の色は?」「どんな匂いがする?」「バナナの実はどのようについているの?」と問いかけしていたので幼稚園に帰着した際、園児が「花の色は薄ピンク」~花はついてなかったのでひびき園の方に教えていただいたそうです。~「匂いは甘いバナナのにおいがした。」「何もにおわなかった。」、「実は木になってた。」「バナナ切ってくれたんだよ。」とそれぞれが答えをもち帰ってくれましたよ!

 
入所者の方と一緒に
「てをたたきましょう」
  バナナをきってもらったよ!

※上記の写真に関しましては、保護者承諾を頂いております。
ちくしっこだより (7月)
― 北九州市制50周年記念大運動会・春のちくしオリンピック ―
 6月23日(日)北九州市の後援・冠むり付けの承認をいただき、本年度は「北九州市制50周年記念」と「東日本と北九州市の絆」をテーマにメディアドームにて大運動会を開催いたしました。
 オープニングでは九州栄養福祉大学・東筑紫短期大学「ブラ―シアンサンブル部」の生演奏に合わせて、忍者に変身した年長組の表現や年中組・年少組・もも組の入場行進が行われ、また聖火点灯で園児代表より手渡された「勇気の炎」「親和の炎」「愛の炎」「知性の炎」の4つのちくしの聖火が聖火台に点火され、北九州市制50周年記念にふさわしい華やかな開会式となりました。
 競技内容もテーマにそって各学年に応じた演技が行われ、年少組ではお誕生日をテーマに『みんなのハッピーバースディ』をお母様と一緒に踊り、「北九州市制50周年おめでとう」とみんなでかけ声をかけお祝いをしました。
 年中組では遊戯『Happiness』で「北九州市にたくさんの幸せの花を、東日本に元気な心の花を咲かせましょう。」と願いを込めフィナーレに年中組全員で大きな花をつくり、また親子競技では園児がボードにカードを1枚ずつ貼って北九州市の健康キャラクター『スマッキー』を完成させました。
 年長組では「CHIKARA~東日本と北九州市の絆~」をテーマに一人一人が自信をもって表現! 宮城県石巻市の『はねこ踊り』を始まりに、石巻市の万石浦幼稚園のビデオレターとわっしょい百万夏まつりの映像を大画面で流し、小倉祇園太鼓の演奏・鳴子をもって『北九州よさこい総踊り2013~力~』そして最後に会場の皆様と『燃えろ北九州!』を踊り盛り上がりました。
 整理体操ではスペースワールドのラッキーと一緒にラッキー体操!! 閉会式で聖火台の炎が4つのトーチに移されラッキーから年長組代表へ、そして年中組代表へとバトンタッチされ、来年の春のオリンピックへと「ちくしの炎」が受け継がれました。
 大運動会の演技を通して一段と成長し輝いているお子さん一人一人の姿をご覧いただけたのではないでしょうか?きっと東日本の皆様にも「元気」がとどいたことでしょう。
 最後になりましたが、役員さんをはじめ、保護者の皆様のご協力でこのようなすばらしい大運動会を開催、無事終了することができましたことを心よりお礼申し上げます。 ありがとうございました。

ブラ―シアンサンブル部による
「にんじゃりばんばん」 「どらえもん」の生演奏

「50周年おめでとう!!」
年少組遊戯より

幸せの花・元気な心の花が会場いっぱいに咲きました。
年中組遊戯より

「北九州よさこい総踊り2013~力~」
年長組より

ラッキーと一緒「ラッキー体操」踊ったよ!

― 7月 海の中のたなばたまつりお誕生会 ―
 7月5日(金) さくら1組の企画進行で年長組の夢のお誕生会~「海の中のたなばたまつり誕生会」が行われ、海の中の生き物たちと『たなばたまつり』をしました。またヤマハ音楽教室の筒井先生とお嬢様によるミニコンサートも開かれ、楽しいひと時を過ごしました。

おり姫・彦星に変身した誕生児がライトをもって入場!

わらべ歌やダンスをして、
みんなで楽しくたなばたまつりをしました。

 
七夕の歌や父母のことを思った歌など
本物のオペラにふれてみんな感動!

 
さくら1組が考えた たなばたランチ
「たなばたぜりー おいしかったよ!」

― 九州栄養福祉大学 SDCサークルの学生さんとの交流 ―
 7月4日(木) SDCサークルの学生さんと園内の「ちくしの畑」でピーマン・なす・きゅうりを収穫、翌週11日(木)の「海の中のお食事会」に学生さんをご招待! 収穫した野菜入りの「夏野菜カレー」を一緒に楽しく食べました。

 
お姉さんとピーマンをとったよ!   海の中のお食事会

年長児手作りのランチョンマットをお姉さんにプレゼント!

― 避 難 訓 練 ―
7月11日(木)に避難訓練を行いました。台所を出火もとに設定し、全園児が下到津公園まで避難!! 全員の安全確認に3分44秒と多少時間はかかりましたが、今年初めて避難した一番小さなもも組さんや年少組さんに怖がって泣くお子さんは一人もいませんでしたよ。 すごいですね。

 
階段に気をつけて!   「お・か・し」の約束を守り、
車に気をつけて
下到津公園へ避難しました。

※上記の写真に関しましては、保護者承諾を頂いております。
ちくしっこだより (6月)
― 韓国の「子どもの家連合会」の先生方が来園 ―
 6月4日(火) 午後、韓国の「子どもの家連合会」の先生方が来園されました。
 予定より早く来園されたので、1階保育室(もも組・年少組・ゆり組)を見学、子どもたちの様子を見ていただきました。
 その後 園庭に集まり、年長組が「こんにちは」「ようこそ」と韓国語でご挨拶、「北九州よさこい総踊り曲2013「CHIKARA~力~」の踊りを披露し、最後に「オクラホマミキサー」を一緒に踊りました。
 連合会の先生方にたいへん喜んでいただき、会長先生よりたくさんたくさんお誉めの言葉をいただきました。
 韓国の先生方と交流し、子どもたちにとってもよい経験ができました。

 
韓国語の看板でお迎え   ひまわり組さんがスリッパを
渡してくれました。

もも組を見学、楽しくお絵描きをしていました。


― 保育学科のお兄さん・お姉さんと一緒に ―
【 6月雨の中のお誕生会 】・・・6月4日(火)
 さくら1組の企画進行で年長組の夢のお誕生会~「雨の中のお誕生会」が行われました。
保育学科生が吹くシャボン玉の雨の中、傘をさし雨合羽を着て誕生児が入場!その後お面をつけ、カエルに変身して「カエルのうた」を踊ったり、年長組全員・保護者の方・保育学科生と一緒にパラバルーンで遊んだりして楽しいひと時を過ごしました。

 
傘をさし雨合羽を着て
誕生児が入場!
  カエルに「へんしん~!」

パラバル~ン 「大きなお山をこわそう!」

 
さくら1組が考えた「わくわく弁当」


【 おべんとうの日 】・・・6月5日(水)
 初めての「おべんとうの日」! 年長組は大学キャンパスの芝生、年中組は下到津公園、 年少組・もも組は各保育室で保育学科生のお兄さん・お姉さんと一緒にお弁当を食べました。
食後は一緒に遊んでいただき、お兄さん・お姉さんたちとすっかり仲良しになりました。

 
お部屋にて   大学の芝生にて

男子学生の手作りお弁当

【 すももとり 】・・・6月17日(月)もも組・年少組・年中組 18日(火)年長組
 保育学科生のお兄さん・お姉さんに抱っこや支えていただきながら、スモモとり!
途中、室井園長先生が来られ、おいしいスモモの見つけ方を教えて下さいました。
スモモの成りは少なかったのですが、昨年より大きめで甘みが強くとてもおいしかったです。

「どれにしようかな?」 自分で選んですももをとりました。

【今日は何の日?】
昭和28年6月28日 今から58年前の今日、当時の北九州五市(現在の北九州市)一帯は集中豪雨に見舞われ未曾有の大惨事となりました。
水遊びの楽しいこの時期、水遊びの楽しさ・水の大切さ・水の怖さを日々の保育(生活)の中で子ども達に伝えていきたいと思います。

※上記の写真に関しましては、保護者承諾を頂いております。
ちくしっこだより (5月)
― 全園児が健康診断をうけました。(内科検診・歯科検診) ―
 5月9日(木) 守永先生による歯科検診、5月15日(水)年長組・5月22日(水)年中組・5月29日(水)もも組年少組の内科検診を佐藤先生に行っていただきました。小さい組さんは不安からか「イヤイヤ」したり、涙ぐんだりするお子さんもいましたが、担任の先生方に抱っこされながら無事受診することができました。
 受信票を持ち帰りますので、結果内容をよくご覧になってお子さんの健康状態を把握し必要に応じて治療をお願いいたします。
(後日、園全体の傾向をご指導いただきお手紙で配布いたします。)

― 本年度 第1回「避難訓練」を行いました。 ―
 5月15日(水)年長組・年中組が本年度初めての避難訓練を行いました。
 給食室から火災発生の設定で、さくら1・2組は保育室側外階段から、きく組・ばら組は鳥小屋側外階段から、ゆり組は保育室から、園庭の鉄棒の前に避難!
初回のためか1番早く到着したクラスでも2分46秒かかりましたが、昨年の経験を生かし「お・か・し」の約束はしっかり守られていたようです。
 もも組・年少組はお兄さんお姉さんたちの避難の様子を廊下から見学しました。サイレンの音に驚かないよう事前に予告の放送を入れましたが、やはり音を聞いて泣き出す子どもたちが続出!! もも組さ~ん、年少組さ~ん、次回は皆さんも避難しますよ。泣かないで頑張ってくださいね。

― ふれあい参観 ―
 5月25日(土)のふれあい参観で年少組さんは身体測定と運動会の親子遊戯、年中組さんは「ストラップ作り」「とんとんずもう」「パックンさかなつり」など親子で製作あそび、年長組さんは運動会の親子競技「玉入れ」や小道具作りを行いました。
 入園・進級して一ヶ月半! 幼稚園生活に慣れ、落ち着いてきた幼稚園でのお子様の様子を保護者の皆様にご覧いただき、一緒に遊んで楽しい一日を過ごしていただきました。
 当日はたくさんのご協力を頂き本当にありがとうございました。

― 夢の誕生会~年長組 ―
 本年度も年長組は毎月の誕生会をクラスごとに企画・運営・進行など役割分担しながら自分たちの「夢の誕生会」を行っています。

【 4月お花の中の誕生会 】・・・さくら1組
 「桜の木の下で誕生会がしたいな~。」「ハチやテントウ虫に変身してお花のまわりでうたを歌ったらステキだね。」と4月の誕生会をクラス全員で計画しました。
4月30日(火)誕生会当日はあいにくの天候で会場は園庭から講堂になりましたが、満開の桜の木(手作り)やお花になったお母さんの花畑に蜜採りに行き親子の触れ合いを楽しみました。
 また阿部先生が日本舞踊「祝いめでた」を披露、宮城県石巻市の「はねこ踊り」を園児にご指導いただき一緒に踊りを体験しました。
 最後は甘茶で乾杯!楽しい楽しい誕生会になりました。

ハチやテントウ虫に変身して入場! みんなでお誕生会の歌を歌いました。

 
おかあさんの所に 「蜜採り」へ


阿部先生に「祝いめでた」を踊っていただきました。

 
さくら1組が考えた「おはなみ弁当」

【 5月金太郎誕生会 】・・・さくら2組
 「金太郎~強くて元気な心と身体」をテーマに誕生会準備を進めました。「誕生会のお友達が金太郎に変身するのはどう?」「すもう大会をしたいね。」とみんなでイメージを膨らませながら、準備を進めてきたようです。
 5月21日(火)誕生会当日は誕生児が金太郎に変身して登場!「すもう大会」では保護者の皆様がクマになって親子で勝負!「お母さんクマには負けないぞ。」「はっけよ~い、のこったのこった。」4対1でみごと金太郎が勝ちました。親子の楽しい触れ合いが持てたようですね。

♪まさかりかついだ 金太郎~♪ 金太郎に変身して入場です。

 
「みあって、みあって」 「はっけよい」 「のこった のこった」

 
さくら2組が考えた「こいのぼりらんち」
 
※上記の写真に関しましては、保護者承諾を頂いております。
ちくしっこだより (4月)
― 入園・進級おめでとうございます。 ―
 4月13日(土) 東筑紫学園講堂にて新入園児96名をお迎えし、入園式並びに進級式を行いました。
 進級児さんからのお祝いの歌・ことばや全園児の歌、また保育学科の岡本先生のご指導のもと保育学科生のお兄さん・お姉さんと一緒に会場の皆様全員でリトミックを楽しみました。
 本年度は新しく九州栄養福祉大学・東筑紫短期大学 学長、九州リハビリテーション大学校 学校長 室井 廣一先生が園長に就任され、幼稚園は大学の附属としてその特徴を活かしながら、ますますよりよい環境の中で保育できることでしょう。
 園長先生より入園式の式辞でもありましたように「子どもたち一人一人が輝く」その為には「先生方一人一人が輝く」ひいては「地域に根ざした幼稚園として輝く」ように、幼稚園教育要領に基づき本園の建学の精神「よいこのこころはちくしのこころ」で保育してまいります。

園長先生より 「子どもたち一人一人が輝いてほしい」

保育学科生のお兄さん・お姉さんと一緒に
会場の皆様全員で「手をたたきましょう」を歌いました。

職員紹介

― 入園・進級から二週間余りがたちました。 ―
 お母さまから離れ不安で泣いていた新入園児さんも少しずつ幼稚園が楽しいところと感じてきているようで笑顔が見られるようになってきました。
  「北九州市子どもを育てる10カ条」に-朝は明るく笑顔で「おはよう」-とあるのですが、保育始めより登降園時門の前に立ち一人一人に挨拶をすると子どもたちからも挨拶が返ってきます。 そのお子様の姿から東筑紫の保護者の皆様が今までしっかりと子育てしてくださったことが伝わってきてうれしく思いました。
 これからもよりよいお子様の成長を願って、一緒に楽しく子育てをしていきましょう。

― 楽しかったこいのぼり交流会 ―
  4月26日(金) 到津校区自治会の皆様のご協力のもと、年長児が保育学科生と一緒に板櫃川に手作りのこいのぼりを揚げに行きました。
 今年も「東日本に元気を送ろう!」をテーマに保育学科生とこいのぼりを作り、当日は「こいのぼり」や「手をたたきましょう」の歌や東日本の復興を願った「かけ声」など自治会の皆様と一緒に行いました。
 自治会の会長伊東さんより「地域の方は皆さんが作ったこいのぼりを一番楽しみにして見てくれます。いつも参加してくれてありがとう。」と言ってくださり、子どもたちは大満足でした。
 到津校区自治会の皆様のご協力に心より感謝いたしますと共に、保護者の皆様もたくさんご参加してくださり本当にありがとうございました。

みんなで力を合わせて準備をしました。

青空の下、手作りこいのぼりがあがり
春風に吹かれて元気に泳ぎ始めました。
きっと東日本に元気を届けてくれることでしょう。

「およげおよげ こいのぼり!」「がんばれがんばれ ひがしにほん!!」
子どもたちの力強いかけ声がおくられました。


伊東会長よりお話を頂きました。

保育学科生のお兄さん・お姉さんと一緒に
「手をたたきましょう」を披露しました。

※この交流会のことはTNCにて放映・毎日新聞・西日本新聞に掲載していただきました。
 
※上記の写真に関しましては、保護者承諾を頂いております。