HOME >> ちくしっこだより >> 平成26年度
  • 本園のご案内
  • 教育理念
  • 方針
  • 園長挨拶
  • 園長だより
  • 沿革
  • アクセス
  • 通園バスコース
  • お問い合わせ
  • プライバシーポリシー

アクセス

ちくしっこだより (No.11)
― 雛祭り(3月3日は「桃の節句」で、
昔は「上巳(じょうし)の節句(せっく)」とも言いました。) ―
 3月2日(水)にひな祭りを行いました。ひな飾りや桜餅について話を聞き、すこ~し怖い?「三枚のお札」や歌の影絵をみましたよ。

全園児で雛祭り行事

なんと幼稚園のお雛様が
ひな祭りやお飾りについて
話してくれました。

九栄大の学生さんが桜餅について
説明してくれました。


子どもたちも真剣に話を聞いていましたよ。

「和尚さんと山姥の化け比べ! 和尚さんから小さな豆には化けられないだろうと言われ、ムキになって豆に化けた山姥は和尚さんにぺロリと食べられてしまいました。」
山姥が退治されて子どもたちもホッとしたようです。

 九州栄養福祉大学のお姉さんたちと桜餅パーティー!


年中組さんが4月にとり1年間塩漬けにした桜の葉を使って、
九栄大の教生先生が桜餅を作ってくれました。


教生先生に感謝の気持ちを込めて
手作りペンダントをプレゼント!!


この様子は九州栄養福祉大学のホームページ
What's New「2016.3.07 附属幼稚園園児さんと桜餅パーティー」に
掲載されています。 ※その他2つの内容もあわせてご覧ください。
» 九州栄養福祉大学 「附属幼稚園園児さんと桜餅パーティー」はこちら
» 「2016.02.24 附属幼稚園園児さんと味噌汁パーティー」
» 「2016.01.08 平成28年 食物感謝祭・餅つき・七草粥」
― 東日本の復興を願って !! ―
 3月11日(金) 平和と東日本の復興を願って、全体集会~「いのちを大切にする日」を行いました。
全園児で黙祷、一年間を通じて「平和と東日本の復興を願って」をテーマに取り組んできた活動の中で感じたこと・学んだことを各クラスで事前に話し合い、当日は、東日本の方々へ届くよう言葉や歌で心をこめて表現しました。

幼稚園(万石浦幼稚園)が被災した当時の写真を
子どもたちと一緒に見ながら、地震の怖さや命の大切さを話しました。

年長組役員・音楽部のお母様方より
東日本復興支援ソング「花は咲く」他3曲をハンドベル演奏!
全園児が自然に口ずさむなど感動的な一場面がありました。

希望のあかり隊入場!!

震災から5年! 今日は、東筑紫短期大学附属幼稚園でも
「平和と東日本の復興を願って」希望のあかりを灯します。
皆さんの思いが東日本の方々へ、日本全国の方々へ届きますように!
そして、この小さな小さな力が、復興への力となりますように!

【「平和と復興を願って」の言葉 】


ひがしにほんのともだち  せかいのともだち
ゆめにむかってふみだそう! ゆうきをもってすすもう!
ぼくたち・わたしたちは、ひがしにほんだいしんさいのことを わすれません。
いのちをたいせつにします。
ひがしにほんだいしんさいの ふっこうをねがって、「ゆうき」のうたをうたいます。


この活動はテレビ・新聞に取り上げていただきました。
東筑紫短期大学附属幼稚園でも平和と東日本の復興を願って灯した「希望のあかり」の小さな小さな力が、NHK北九州放送局さんと毎日新聞さんのおかげで大きな力となって、発信することができました。感謝の気持ちでいっぱいです。


※上記の写真に関しましては、保護者承諾を頂いております。
ちくしっこだより (No.10)
【 2月7日(土)~学園講堂にて年長組生活発表会 】
― 平和と東日本大震災の復興を願って ―

歌 「ゆうき」


今年の幼稚園のテーマ「勇気」と同じ「ゆうき」の歌をうたいました。作詞は絵本〈ぐりとぐら〉でおなじみの中川季枝子先生です。
少し難しい曲でしたが、子どもたちはこの歌が大好き!!
子ども達のきれいな歌声が学園講堂いっぱいにひろがりました。

 

楽器 「カルメン序曲」

運動会~春のちくしオリンピック~で「三味線たまじろう」を踊ったこともあり、
興味を持ち始めた「カルメン序曲」! 大きなステージでいろいろな楽器の音を聞きながら
指揮をしっかり見て、いきいきと演奏することができました。


創作劇「たまじろうとゆかいなもりのなかまたち ~もりのはっぴょうかい~

「おおきくなるっていうことは、ゆうきの心を持つっていうこと!」
 ちくしのこころで劇も頑張りました。

さくら組みんなが親和の心で協力して取り組んだ創作劇!!
とても楽しい劇でした。

「ただいまイギリス人に変身中!!」
森のたぬきが英語あそびを発表しました。
「my name is tanuki」 「nice to meet you!!」


 剣舞「白虎隊」


会津出身の園長先生の歌に合わせて、心をこめて剣舞「白虎隊」を踊りました。
 刀のけいこを園長先生・加藤先生に、踊りを安河内先生にご指導いただき、
みんな意欲的に取り組んでいました。 心をひとつにポーズも決まり大成功!!
 自信へとつなげることができました。


和太鼓「ちくし太鼓」


太鼓の音の響きを全身で感じながら、ちくしのこころの「勇気」「親和」「愛」「知性」四つの心を掛け声にして全員が心をひとつにして演奏を頑張りました。
最後の決めポーズもカッコよく決まっていましたね。


和太鼓「八木節」


八木節の軽快なリズムに乗って、体で調子をとりながら楽しく演奏することができ、
子どもたちは大喜び!! 赤のハッピを着て、友達と心ひとつに
太鼓をたたくことができ、自信もついたようでした。


※楽器や道具の出し入れ、最後の片付けに至るまで保護者の皆さまのご協力をたくさんいただき心よりお礼申し上げます。

最後に・・・
 ちくしっこだよりNo.9・No.10に生活発表会の様子を担任のコメントを付けてお知らせいたしました。
 本園の生活発表会は日常保育の中で、各学年・各クラスそれぞれ子どもたちの興味関心を持っていることをテーマに 表現あそびへと発展したものです。各年齢に応じた発表内容で、一年間の子どもの成長や発達段階を見ていただけたのではないでしょうか?またこの経験を通して、生活発表会に自分から進んで行いやり遂げる勇気の心、友達や先生の呼吸を感じながら一緒に表現する親和の心、日常の体験をもとに自然の不思議さや恩恵・家族の愛情が盛り込まれた内容から感じる愛の心、劇あそびや楽器あそびなどを通してさまざま表現方法を学ぶ知性の心が育ちました。
 たくさんの皆様にお力添えをいただき、おかげで実り大きい生活発表会になりましたことを深く感謝いたします。
 ありがとうございました。


※上記の写真に関しましては、保護者承諾を頂いております。
ちくしっこだより (No.9)
― 1月23日(土)~たんぽぽ組・きく組・ゆり組 生活発表会 ―

【 たんぽぽ組 】

みんなで楽しく「とんでったバナナ」を演奏しました。
一人一人が自分の楽器を元気に打ち、心をひとつにして頑張りました。

平均台やとびばこジャンプにチャレンジしたり、元気いっぱいに体操したりしました。
「ゆうき」の心でステージに立ち、大きく体を動かして表現することができました。


【 きく組 】

勇気がでてくる魔法の言葉「スープラプイ!!」
劇の中で勇気を出して、いろいろなことに挑戦したことで、
力を合わせて頑張る大切さを感じてくれたようです。

心をひとつに演奏した楽器あそび!!トライアングルやウッドブロックなど
友達の音を感じながら一所懸命に取り組みました。
クラスみんなの気持ちがひとつになり、素敵な音色を奏でることができました。


【 ゆり組 】

「みんなで演奏すると楽しいね!」友達と一緒に演奏する楽しさや
心地よさを感じることができました。

友達と話し合いながら、ゆり組のオリジナル劇
「なかよしやさい ひみつのおしゃべり」をつくりました。
当日は身体を使ってのびのびと自信を持って表現することができました。

― 1月30日(土)
~もも組・ちゅうりっぷ組・すみれ組・ばら組 生活発表会 ―

【 もも組 】

はじめての発表会!
みんなですべりだいやグーとパーのジャンプをして楽しかったです。
たくさんのお客様の前で『ゆうき』を出して 頑張りました。

うさぎとアヒルとゴリラになって 表現あそびをしました。
いつも体をいっぱいに動かして遊ぶ元気なもも組さんを見ていただけたことでしょう。


【 ちゅうりっぷ組・すみれ組 】

「わたしたちもいれて」「いいよ~」
そらいろのたねの表現を通して、普段の遊びの中でもこの会話がたくさん聞かれるようになりました。ちゅうりっぷ組さんに勇気と親和の心が育ったようです。

いろいろなのりものに変身~!!
友達とケンパーをしたり、
かっこいいポーズを決めたりして
楽しく表現できました。

「アンパ-ンマ-ン!!」の元気な掛け声で始まった楽器あそび!
友達と楽しく演奏しました。


【 ばら組 】

友達と意見を出し合って振付し、みんなで力を合わせて楽しく練習をしたことで、
当日は一人一人が役になりきって表現できました。

楽器あそびでは、「指揮をよく見て」
「ともだちの楽器やピアノの音をよく聞いて」を目標に練習してきました。
本番ではきっとお客さんの心に素敵な音色やハーモニーが届いたことでしょう。


楽しかった生活発表会~「ちくしのこころ」がまたひとまわり大きく育ちました。
※今回は、それぞれ担任のコメントを掲載いたしました。


※上記の写真に関しましては、保護者承諾を頂いております。
ちくしっこだより (No.8)
― 観劇会「ミレドーさんのこびとたち」 ―

 12月4日(金) 劇団「さんぽ」をお招きして「ミレドーさんのこびとたち」を観劇いたしました。 在園児の弟さん・妹さんもご招待して、素敵な時間を過ごすことができました。

お話に夢中!

真剣なまなざしで見ています。

ミレドーさん登場

お母さまに抱っこされて、
弟さん・妹さん達も
しっかり見ていましたよ。

 今年もこうして全園児で観劇できましたことは、後援会バザーのおかげと大変感謝しております。
 役員さんやバザー委員さんをはじめ保護者の皆さま、本当にありがとうございました。    

― もちつき ―

  本園では、以前より日本の伝統行事や食育を大切にし保育に取り入れてまいりました。東日本大震災後は「平和と復興を願って~東日本に元気を送ろう!」をテーマに、保護者の皆さまにお手伝いをしていただきながら「もちつき」を行っています。今年も園児の願いがこもった「つきたてのおもち」と手紙を万石浦幼稚園に送りました。
 また、平成29年度幼稚園型認定こども園移行による園舎建て替えのため、現園舎で「もちつき」を行うのは最後となりました。いつも見守ってくれた園舎に感謝の気持ちを込めて、園児たちは張り切って「もちつき」をしていましたよ。


ペッタンペッタンおもちつき!! 友達と上手につけました。

「あったか~い。」「やわらかい!!」
感触を楽しみながらもちを丸めました。

「万石浦幼稚園に届けてください。」
宅配便の方におもちをお願いしました。

この様子を12月16日(水)西日本新聞・読売新聞の朝刊に掲載していただきました。

 園児をはじめ保護者の皆さまにたくさんのご協力をいただいたおかげで「がんばろう貯金」が22,941円集まり、後援会バザー売上金1割の46,300円と合わせ、12月17日(木)に年長組が下到津郵便局へ送金に行きました。
 小さな小さな活動ですが、継続することで必ず平和や復興につながり、何よりも「ちくしっこ」の心が大きく育ってくれることでしょう。
 保護者の皆さま、ご協力ありがとうございました。

― 和太鼓って楽しいね! ―

 12月16日(水)和太鼓の矢野先生にご指導をいただきました。バチや太鼓を使って遊んだり、リズム打ちをしたりして和太鼓にふれました。「先生、たのし~い!」子どもたちは目をキラキラさせながら活動していましたよ。

和太鼓の約束
① よく見る、よく聞く、よく考える、よく動く、そして、続けることです
② 必ず返事をしましょう
~自分たちから返事をしたいという気持ちが大切です。
「はい」だけではなく、場に応じた言葉(ありがとうございます・わかりません等) をつかいましょう。

※基本的生活習慣や「ちくしのこころ」に通じることですね。小学校を目前に控えた年長組さんには、ぜひ身につけてほしいと思っています。ご家庭でもご指導お願いいたします。



矢野先生より和太鼓の技術の前に、大切な「心もち」についてお話がありました。

「ドーン!」手のひらで先生がたたく
太鼓の響きを感じました。

基本のポーズ「構え」


ゲーム感覚で遊びながら、自然に太鼓がたたけるようになりました。

― サンタさんとあそぼう! ―

 12月18日(金)夢の国からサンタさんとサンタさんの友達「バルーンさん」が幼稚園にあそびに来てくれました。年長組からサンタさんへの質問コーナーでは、子どもから「サンタさんはお金をもっているのですか?」の質問に、「サンタの絵がついたサンタの国のお金があります。」とサンタさんの答え!
 他にも、後援会音楽部のお母さま方によるハンドベル演奏、バルーンさんによる「バルーンショー」等、楽しいクリスマス会をみんなで過ごしました。

サンタさんと握手!

バルーンさんの登場!

お母さま方と一緒に年長組・年中組の代表さんが 「ジングルベル」を演奏しました。

大きな風船に魔法の杖がふれると割れて、
中からかわいい風船があらわれました。

サンタさんからすてきなプレゼントを
いただきました。

バルーンさんから
キラキラバルーンの
プレゼント!


※上記の写真に関しましては、保護者承諾を頂いております。
ちくしっこだより (No.7)
― みんなで「おいもパーティー」 ―

〈 いも掘り 〉

 11月10日(金) 年長組全員でバス運転手の後藤さんの畑へおいも掘りに行きました。
 前日から天気を心配していましたが、当日は天候の恵みをいただき(曇り空ではありましたが…)、小さい組さんが「いってらっしゃ~い。」「おいもたくさん掘ってきてね~!」と見送る中、年長組全員 元気に出発しました。畑では、おいも(自然の恵み)ができたことに感謝し、どうしたらお芋が切れないで上手に掘れるか考えながら、友達と力を合わせて、最後まで頑張って掘る姿がたくさん見られ、「ちくしのこころ」でいも掘りを楽しむことができました。その後、長野緑地公園(もりのいえ)でおうちの方につくっていただいたお弁当を食べたりのびのびと遊んだりして、心もおなかも大満足の一日でした。


※年長組役員のお母さま方、お手伝いありがとうございました。

〈 おいもパーティー 〉

 年長組さんがたくさん掘ってきてくれた芋をみんなで洗って、おいもパーティーの準備をしました。
 11月18日(水) 楽しみにしていたおいもパーティー!
 雨が降りあいにくの天気でしたが、未就園児さんをお招きし全園児が 3グループに分かれて室内で行いました。年長組さんにいも掘りの話を聞いたり、みんなで「やきいもぐーちーぱー」や「おいものたいそう」をしたりして、芋がふかし上がるのを待ちました。
 年長組さんに配ってもらった「ふかし芋」を食べて、みんなの心と体はホッカホカになりました。


自然の恵みに感謝して、神様にご挨拶

「いろいろなかたちのおいもが
でてきました。」
「カエルやバッタもでてきたよ。」

年長組の発表より

おいものたいそう
~おいもがゴーロゴロ♪~

おいしいね~♪

ホカホカおいもを食べて
お顔も素敵な笑顔になりました。



― 力を発揮して頑張った「第6回秋のちくしオリンピック」―

 11月19日(木)この園庭で「ちくしオリンピック」を行うのも最後!!園舎や柿の木に見守られ、もも組さんや年少組さんの盛大な?応援を受けながら、年中組さんは「リレー」、年長組さんと教生先生は「チェッチェッコリ玉入れ」「立ち幅跳び」「なわとび」「リレー」の4種目を競いました。各クラスの作戦や日ごろの練習の成果を発揮し、自己記録更新がたくさん出ましたよ。


年中組クラス対抗リレーは、きく組が優勝しました。


がんばれ~!


かわいい応援隊が、たくさんの声援を送ってくれました。

立ち幅跳び

なわとび

クラス対抗リレー

チェッチェッコリ玉入れ


〈 表彰式 〉


※「第6回あきのちくしオリンピック」各賞をお知らせいたします。
勇気賞
(立幅跳び)
1位 3.中田亮徳
2位 3.石井雅人
3位 2.川久保心希
親和賞
(リレー)
1位 さくら3組        
愛賞
(なわとび)
1位 2.三重野夏帆 2位 2. 渡邊りんか 3位 1.中村桜音
知性賞
(チェッチェッ
コリ玉入れ)
1位 さくら3組        

 その後、幼稚園で育て収穫した稲を一粒ずつ心をこめてもみとりをし、そのお米で調理員さんに作っていただいた「おにぎり弁当」をみんなでおいしく食べました。

 当日は園児・教師・保育学科生が一体となり、本当に楽しいひとときを過ごすことができました。 園児一人一人の心の中に「筑紫の心~勇気・親和・愛・知性」の賞が刻まれたことでしょう。
 またたくさんの保護者の皆様にも応援をいただき、本当にありがとうございました。
※上記の写真に関しましては、保護者承諾を頂いております。
ちくしっこだより (No.6)
― 全園児で「ハロウィンパーティー」 ―

 さくら1組が「夢のお誕生会~ハロウィンパーティー」を 企画しました。
 おばけから「おばけのはろいんぱーてぃーにきてください。いっしょにおどりをおどりましょう!!  おばけより」と招待状が届き、もも組さんや年少組さん・ 年中組さんは大喜び!
 各クラス当日を楽しみに魔女の「マント」「帽子」・黒猫の 「お面」など仮装の小道具作りをしました。


おばけから招待状が届きました。

 10月2日(金) 年長組の誕生会では、保護者の皆様にもご協力をいただいて仮装パーティー!!誕生児と保護者の皆様による「ファッションショー」や全員で「おばけのじゃんけんゲーム」などを楽しみました。
 園庭では「トリック オア トリート」と大合唱しながら年長組さんのパレードが行われ、全園児一緒にダンスパーティー「おばけの踊り」を楽しみました。また年長組さんから、かわいい黒猫とカボチャのクッキーを手渡され、もも組さんや年少組さん・年中組さんは大満足!!楽しい「ハロウィンパーティー」の一日となりました。

仮装パーティーのはじまりです。

おばけからの招待状が届き、みんなで楽しくハロウィンパーティー!!
「おばけの踊り」を踊りました。

さくら1組が考えた はろうぃんらんち
「ジャックオランタンの チキンライス、 おいしかったよ!」

※Halloweenとは
万聖節(キリスト教で毎年11月1日にあらゆる聖人を記念する祝日)の前夜祭。 秋の収穫を祝い、悪霊を追い出す祭りです。
「将来の結婚相手を知る方法」のいい伝えもあるそうですよ。    

― 収穫感謝祭~自然の恵みに感謝して―

 10月17日(土)、年中組さんが幼稚園バスに乗って「東筑紫学園農園」~九州栄養福祉大学小倉南区キャンパスに行き、大学の学生さん約100名と一緒に収穫感謝祭に参加しました。
 さくらの木のご神木の前で「足立山の自然の恵みに感謝!おいもを育て、いも汁をつくってくださったお兄さん・お姉さん、大学の先生方みなさんに感謝!」と、学長(園長)先生と一緒に感謝の気持ちをお伝えしました。その後、お兄さん・お姉さんと一緒においも掘り!土が硬く最初はスコップを使っても掘れませんでしたが、先生方が大きなシャベルや鍬で耕してくださったので、お兄さん・お姉さんと力を合わせて最後まで頑張って掘ることができました。
 直会では、おうちの方に作っていただいた「おにぎり」と九栄大の食物栄養学科の学生さんや先生方に作っていただいた「いも汁」「いもごはんのおにぎり」をみんなでおいしくいただきました。
 天候の恵み、自然の恵み・・・足立山から自然のパワーをたくさんいただき、収穫感謝祭を通して、園児たちはまた少し「筑紫の心」が育ったようです。


さくらの木のご神木の前で、学長先生と 一緒に自然の恵みに感謝して!

手をつないで畑へ移動!

土が硬くてスコップで
なかなか掘れません


力を合わせて…「うんとこしょ!」

大きなおいもが掘れました。

頑張っておいもを掘った後の「おにぎり」と
「いも汁」の味は格別でした。

この様子は九州栄養福祉大学のホームページ
What's New「2015.10.21 H27年度 収穫感謝祭」に掲載されています。
(「2015.10.02 附属幼稚園園児さんとお味噌作り」もあわせてご覧ください。)
» 九州栄養福祉大学 「H27年度 収穫感謝祭」はこちら
» 九州栄養福祉大学 「附属幼稚園園児さんとお味噌作り」はこちら

 

※上記の写真に関しましては、保護者承諾を頂いております。
ちくしっこだより (No.5)
― おめでとう! 第39回 こども絵画コンクール2年連続入賞!! ―

 今年もたくさんの園児が「こども絵画コンクール」に参加してくれました。テーマは「だいすき!ありがとう!」 入賞者の中には「園舎ありがとう!!」の心をこめて絵を描いてくれた園児がいて、とてもうれしかったです。
 今回、4名の園児がすばらしい賞を受賞したのをはじめ、昨年以上にたくさんの園児が賞をいただきました。8月23日(土)の授賞式にて表彰されましたので、お知らせいたします。

《毎日新聞社賞》
きく組 ごとう ゆうしくん
《優秀賞》
きく組 すえひろ しょうこさん ・ きく組 はしもと あおいさん
さくら2組 きむら けいごくん 
《佳作》
たんぽぽ組 にしむら ゆずきさん ・ きく組 きむら つむぎさん
さくら2組 とよかわ ひなたさん ・ さくら2組 ふじもり このかさん
さくら2組 うえき りくとくん ・ さくら3組 かわもと まほさん
さくら3組 あらうち しゅうとくん
《努力賞》
たんぽぽ組 あらうち えまさん ・ たんぽぽ組 まつうら まさみちくん
ちゅうりっぷ組 あらかね あおいくん ・ ちゅうりっぷ組 しいのき みうさん 
きく組 きしもと りおんさん ・ きく組 すえむら ひめかさん
ばら組 かわさき みおんさん ・ ばら組 あやつか りくとくん
ばら組 なかはら ゆいかさん ・ ゆり組 かさい えりかさん
ゆり組 くにかた りなさん ・ ゆり組 さかた こういちろうくん
さくら1組 ふくだ さくらさん ・ さくら3組 はやし ゆなさん
《がんばったで賞》
ばら組 はしもと あおいさん ・ ゆり組 えま ももえさん       

― 一年に一度の夕方保育~おたのしみ会「ちくし夏まつり」 ―

 8月28日(金) 待ちに待った一年に一度の「おたのしみ会~ちくし夏まつり~」!!今年、年長組さんは「ありがとう 幼稚園」「地球の平和を願って」の気持ちを込めておみこしを担ぎ、学園のまわりを練り歩きました。歩いている途中、地域の方に声をかけていただき、子どもたちもうれしかったようです。地域の皆さま、ありがとうございました。園内では、かき氷を買って食べたり、きのこやアヒルをすくったり・・・、くじ引き屋さんでは光るくまをあてたりして夜店やさんごっこを楽しみました。その後、全園児が園庭で盆踊り!!園長先生が歌われている「炭坑節」や「三味線たまじろう」「エビカニックス」を踊りました。園長先生も観に来てくれましたよ。降園時間が近づくと外もだんだん暗くなり、雨がぽつぽつし始めたため、花火の検討をしていたところ、「花火を一つずつ出してでも、子どもたちに見せてやりたい。」お父さま方の熱い気持ちが天に届き、時間になると小康状態に!おかげで花火大会を華やかに行うことができました。 
  お手伝いしてくださったお父さま・お母さまありがとうございました


「わっしょい!わっしょい!!」 かけ声をかけてみんなで練り歩きました。

何のくじがあたるかな?

あひるさんが逃げないよう、
そーっとそっと!


「ほって~ほって~またほって!」 みんなで炭坑節を踊りました。

― 9月1日防災の日~北九州市一斉防災訓練に参加 ―

 9月1日(火)は 防災の日! この日2学期の始業式でしたが、防災訓練を行いました。緊急避難速報を聞き、シェイクアウト!(姿勢を低く頭を守り動かない。) その後、全園児が講堂に集まり、関東大震災や東日本大震災など防災について話をしました。9月入園のもも組さん8名とお母さま方にも参加していただきました。

放送や先生の指示をよく聞き、
避難準備!

講堂に避難後、すぐに点呼・確認!

シェイクアウト訓練!
(姿勢を低く頭を守り動かない。)

お手本を見せてくれました。
新2号車お披露目会
「ちくしの小人」やシンボリックツリーの「すももの木」が描かれ、2号車が9月1日より新しくなりました。 園児の夢や希望を乗せて安全運転で運行しま~す。

※上記の写真に関しましては、保護者承諾を頂いております。
ちくしっこだより (No.4)
― 年長組~園長先生に刀のご指導をしていただきました。 ―

 7月1日(水)~3日(金)・8日(水)の4日間にわたって、年長組がクラスごとに室井園長先生から刀のご指導をいただきました。 昨年の年長組の剣舞「白虎隊」のDVDを観た後、加藤先生に刀の形(かた)を披露していただき、最後は年長児一人一人が鞘(さや)のもち方・抜刀・納刀など実際に刀にふれました。

園長先生に本物の刀を見せていただきました。

難しい納刀の仕方もわかりやすく教えていただきました

刀をもって姿勢よく立つと、なんだかお侍さんになった気分!!
― 年中組~九州栄養福祉大学の教生先生と簡単クッキング!! ―

 7月6日(月)九州栄養福祉大学の教生先生と一緒にジャガイモの冷製スープ作りに挑戦!!
 教生先生達からの夏野菜クイズによく考えて答えたり、とうもろこしの長さ・花の色など夏野菜についてたくさん教えていただいたりしました。
 ジャガイモの冷製スープ作りでは「おいしくな~れ!」と言いながら、ミキサーで混ぜたり、においをかいだりして楽しく作り、とてもよい経験ができました。

<きく組>


教生先生方からクイズ!! よ~く考えて全員正解ができました。

<ばら組>


<ゆり組>


「おいしくな~れ! おいしくな~れ!」
おいしいジャガイモスープになるように心をこめて混ぜました。

この様子は九州栄養福祉大学のホームページ
What's New「2015.07.10 附属幼稚園に栄養指導」にも
掲載されています。
» 九州栄養福祉大学 「附属幼稚園に栄養指導」 ページはこちら
― もも組・年少組~プールあそび・泥んこあそび ―

 この7月は梅雨まっただ中、先生方は毎日空を見上げ天気予報とにらめっこ!!雨天や雷注意報などあまり天候に恵まれず、大きなプール遊びができたのは2回でしたが、様子を見ながら行ったビニールプールでも、水や泥んこにふれて遊ぶ年少組さん・もも組さんは大喜びでした。水が苦手なお友達もこの時ばかりは満面の笑顔が見られましたよ。

プールあそび

< もも組 >

< ちゅうりっぷ組 >

友達の背中にバシャバシャ 水のかけあいこ!!

泥んこあそび

< たんぽぽ組 >

触ったり、団子を作ったりして、泥の感触を味わいました。

< すみれ組 >

― 7月10日(金)七夕のお焚き(おたき)あげを行いました。 ―
お焚きあげにあわせて全園児が下到津公園まで避難訓練を行いました。もも組・年少組は初めての全体訓練だったので、多少パニックが起こることを予測したうえで、教師にも園児にも予告せず実施したのですが、どのクラスも比較的落ち着いて避難できました。
日頃の取り組みの成果です!!
※上記の写真に関しましては、保護者承諾を頂いております。
ちくしっこだより (No.3)
― 「平和と東日本の復興を願って
~ゆうきのこころでがんばろう!~」 ―

 6月10日(日) 北九州メディアドームにて「東筑紫短期大学附属幼稚園大運動会~春のちくしオリンピック」を開催いたしました。
 朝早くから来賓の皆さま、保育学科のお兄さん・お姉さん、そして大好きなおうちの方、たくさんの皆さまが応援に来てくださいました。
「平和と東日本の復興を願って~ゆうきのこころでがんばろう!」をテーマに、また平成29年度に新園舎完成目指して建て替えを計画しており、半世紀もの間ちくしの子どもたちを見守り続けてくれた現園舎へ感謝の気持ちを込め演技を行いました。
 同窓生のプログラム「元気いっぱい」では、本園を卒園されたおばあ様やお父様・お母様・ 椋毛先生にも参加していただき楽しい競技となりました。幼稚園の頃を思い出しながら、親から子・孫へ、そして園舎も旧園舎から現園舎・新園舎へと建学の精神や伝統を受け継ぎ、今後もますます「ちくしっこの輪」が広がっていくことでしょう。
 今年は雨がたくさん降り、園庭での練習があまりできませんでしたが、園児たちが「すすんでやれるげんきなこころ」で頑張っていたので、当日は素晴らしい運動会になりました。  この運動会を通して園児の心に勇気・親和・愛・知性の心の芽が育ち、室井学長先生が作ってくださった「よいこのこころはちくしのこころ」が更に根を張ることができたのではないでしょうか? 会場の皆さまにも、きっと感じていただけたことと思います。

年長組 第1部オープニング行進

「平和と東日本の復興を願って~心をつなぎ、ゆうきのこころでがんばろう!」
「園舎ありがとう、あったかいね!の気持ちを込めて」元気に行進!!

九州栄養福祉大学・東筑紫短期大学の「ブラーシアンサンブル」が演奏をしてくださいました。

第2部リトミック体操

「勇気の心」で挑戦し、「親和の心」で友達と力を合わせ、「愛の心」でお父さんお母さんにもらった身体を元気にのびのびと動かせることに感謝し、「知性の心」でどうすればきれいに体操ができるか工夫しながら、「ちくしのこころ」で挑戦しました。

聖火点灯

年長組代表が「勇気」「親和」「愛」「知性」の四つの心の炎を運んでくれました。

選手宣誓

宣誓 僕たち私たちは
「ちくしのこころ」で
力を合わせて
最後まで頑張ることを
誓います 。

来賓の皆さま、大学の先生、
保育学科のお兄さんお姉さん、
おうちの方! 
たくさんの皆さまが応援に来てくれました。
今日は「すすんでやれるげんきなこころ(勇気)」で頑張ってください。

年少組遊戯

アンパンマンになりきって お母様と楽しく遊戯をしました。

年少組かけっこ

ゴールで待っているおうちの方のところまで元気に走りました。

年中組かけっこ

各クラス一人ずつ、三人一組でトラック 半周を元気いっぱいに走りました。

年長組玉入れ

チェッチェッコリの曲に合わせて腰振りダンス!曲調が変わると玉入れ開始!!
どのクラスもたくさん玉が入りました。

みんなで楽しくおどりましょう!

園長先生が歌われている「炭坑節」に合わせて年長組・ 年中組さんが来賓・祖父母・保育学科生の皆さまと 世代を超えみんなで一緒に楽しくおどりました。

「ほってほって、またほって!」 「かついで かついで」・・・、
さすが年長組さん! リードしてくれました。

もうすぐ幼稚園

「遊びに来てくださってありがとうございました。」と年中組さんが心を込めて作ったペンダントを未就園児さんにプレゼントしました。

同窓生競技

園舎建て替えに伴い、今年は本園を卒園されたおばあさま・お父さま・お母さまも参加してくださいました。

年長組表現

東日本の復興を願う気持ちや自然と恵みへの感謝・平和を願い、自分たちの夢や希望に向かって進む勇気の心をみんなで表現しました。

ちくし太鼓を披露!!

退場

保育学科生のアーチをくぐって元気に退場!


 今年は6月に入ると共に梅雨入りし、園庭で行う練習が例年に比べ少なかったのですが、会長・副会長を中心に役員の皆さまが、教師と共にまさしく「ちくしの心」で、この運動会に取り組んでくださいました。
 この素晴らしい運動会を開催できましたことは園児の頑張りはもちろんのことですが、役員の皆さまの大きなお力添え、そして来賓の皆さま、保護者の皆さま、保育学科生の皆さん、たくさんの皆さまの温かい応援やご尽力のおかげと感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。
※上記の写真に関しましては、保護者承諾を頂いております。
ちくしっこだより (No.2)
― 子どもの日行事保育~平和と東日本の復興を願って ―

 5月1日(金) 全園児が2階講堂に集まり、みんなで「こどもの日行事保育」を行いました。 高木先生から「子どもの日」について、九州栄養福祉大学の教生先生から柏餅について話がありました。また、室井園長先生から「白虎隊」の話や真剣を見せていただき、日本の伝統に触れた一日でした。

「こいのぼり」の歌に合わせ、
大きなこいのぼりが園児の頭の上を
舞いました。

教生先生たちも子どもの日行事に
参加です。

柏餅について話をしてくれました。

園長先生が真剣をみせてくださいました。

 【年長組さんは自分で柏の葉をまきました。】


当日は朝早くから教生先生が柏餅を作ってくれました。
この様子は九州栄養福祉大学のホームページ
What's New「2015.05.06 園児と一緒にかしわもち」にも掲載されています。
» 九州栄養福祉大学 「園児と一緒にかしわもち」 ページはこちら

各クラスでもう一度柏餅について
話を聞きました。

葉っぱはどんなにおいがする?

「まけたよ~!」と嬉しそうに見せてくれました。



おいしい~!!

まいてる表情は真剣そのもの

 

― 内科検診・歯科検診 ~自分の体は自分で守ろう! ―

 5月13日(年長組)・20日(年中組)・27日(もも組・年少組)の内科検診、14日に全園児の歯科検診を行いました。検査結果がお手元に届いたと思います。治療が必要な方は早めに受診するようにしましょう。
 また6月4日~10日は「歯と口の健康習慣」です。8020運動をご存知ですか? 80歳になっても自分の歯を20本以上保つには、幼児期の今が大切です。食事・睡眠・手洗い・歯磨きなど基本的生活習慣を身につけ自分の体は自分で守ることができるように一緒に行ったり、声かけをしたりしてあげてくださいね。

― 種まき祭 ~九州栄養福祉大学のお兄さん・お姉さんと一緒に苗植え

 5月30日(土)年中組が種まき祭に参加しました。
 10時 幼稚園バスに乗って農園(九州栄養福祉大学南区キャンパス)へ出発!!農園に着くと一番にオリーブ園の見学へ、そのあと「柿」「すもも」「にんにく」「ハーブ」等々観察しました。
 11時 みんなで足立の山の神様の木「さくらの木」にご挨拶!!園長先生の話を聞き、九州栄養福祉大学のお兄さん・お姉さんとペアになって、さつま芋の苗を植えました。
 心配していた天候も多少雨がパラパラする時もありましたが、みんなのパワーが天まで通じ無事に終えることができました。

オリーブに白い花がついていました。

農園の「すもも」を観察
青い実がたわわについていました。

「ハーブの葉っぱは、いいにおい」


にんにくの葉っぱをにおったら・・・ 「くさ~い!!」

園長先生と一緒に足立山の神様の木 「さくらの木」に
ご挨拶をしました。

教生先生と交流する中で親しみをもち、共に足立山の大地にふれ、この土地で育まれていく農作物の種を蒔き育て、成長していく喜びを共有し、自然の恵みに感謝する心を育てたいと思っています。

【幼稚園の畑でも・・・】

 幼稚園でも年長組と九州栄養福祉大学の学生さんが一緒に夏野菜-トマト・ピーマン・オクラ・きゅうり・なす・かぼちゃ・スイカ(昨年収穫した種から育った苗)などの苗を植えました。みんなで大切に育てたいと思います。

きゅうりの苗を
におってみたら・・・???

教生先生が鍬で土を耕し、
植え方を教えてくれました。

最後にタッチ!!
とっても仲良くなれました。

年少組さんもオクラの苗を分けてもらい、プランタで育てま~す。
大事に育てましょうね 。


この様子は九州栄養福祉大学のホームページ
What's New「2015.05.26 第2回 栄養士のための農園実習」にも
掲載されています。
» 九州栄養福祉大学 「第2回 栄養士のための農園実習」 ページはこちら
※上記の写真に関しましては、保護者承諾を頂いております。
ちくしっこだより (No.1)

 早いもので、入園式並びに進級式から一ヶ月が経とうとしています。
 おうちの方と離れ不安と緊張で泣いていた年少組さん!泣き顔・泣き声が日に日に笑顔と元気な声に変わりつつあります。徐々におうちでの姿を発揮してきたお子様もいますよ。
 進級者が多い年中組さんは、保育時間が長くなるにつれて、自分の好きな遊びや友達と一緒に行う遊びが楽しくなっているようです。幼稚園での遊びがもっともっと楽しくなるといいですね。
 年長組さんはこの短い期間の中でも「こいのぼり交流会」「対面式」「誕生会」など様々な活動に取り組み、年長組としての自覚が育ってきているようです。これまでの年長組さんに負けないくらい素敵なさくら組さんになってくれることでしょう。

「すすんでやれる げんきなこころ」
「みんなとなかよく あそべるこころ」
「おとうさん おかあさんにもらった やさしいこころ」
「なぜかなぁ どうするのかなぁと  かんがえるこころ」
この4つの心を自分の心の中にしっかりと大きく育てるために
毎日幼稚園に来るのですよ。

 入園式で室井廣一園長(学長)先生の挨拶にありましたように、本学園は「勇気」「親和」「愛」「知性」の4つの心を育てる学校です。  
 「三つ子の魂百まで」という言葉がありますように、幼児期にこの4つの心がしっかりと、一人一人の園児たちの心に育つよう教職員一同も「筑紫の心」で一丸となって保育してまいります。 
 保護者の皆さまもご協力のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

― こいのぼり交流会~平和と東日本大震災の復興を願って ―

 【こいのぼり製作】

~年長組では、今年度も「平和と東日本の復興を願って」こいのぼり製作を行いました。~

東日本の友達が元気になるように、心をこめて作ろうね!

大好きなちゅうりっぷを東日本の友達に送ろう。

仕上げは保育学科生に見守られながら!

〈さくら1組〉
○「東日本に元気を送ろう!」を文字で伝えたい
○花…復興支援ソング「花は咲く」より
○ハート…ちくしのこころ、自分たちの気持ち あったかい気持ち


〈さくら2組〉
○クローバー…こいのぼりがみんなに幸せを運ぶ
○ちゅうりっぷ…大好きなちゅうりっぷを見て元気をだす
○水玉…水のシンボル こいのぼりが元気に東北まで泳いでいく


〈さくら3組〉
○テーマ「東日本に元気を送ろう!」をかく
○星…元気がでるよう星に願いを込めて
○紫色…クラスカラ― クラスみんなが心をひとつにして


【完成!~お披露目会】

~到津校区自治会長 入口さん・副会長 村上さんをお迎えして~

こいのぼりの取り付け方をご指導いただきました。

会長さんと副会長さんがこいのぼりを園庭に揚げてくださいました。

園庭でお披露目会をしました。
今年は年中組も各クラスがグループごとに
カラービニールを使ってこいのぼりの共同製作を行いました。

 【こいのぼり交流会】


「1・2・3」で手を離すと、こいのぼりが元気に泳ぎだしました。

地域や到津小学校の皆さまと親睦を深めることができました。

※この交流会のことはTNCにて放映・毎日新聞に掲載していただきました。


 4月18日(土)板櫃川に300匹のこいのぼりを揚げるお手伝いから始まり、24日(金)本園のこいのぼり交流会、29日(水)到津校区の「こいのぼりまつり」を見学…(たくさんの在園児や卒園児、保護者の皆さまに出会い声をかけていただきました)…、そして5月9日(土)こいのぼりの片づけの手伝いに参加する予定です。
こうしたこいのぼりの一連の行事に参加させていただき、地域のみなさまとの触れ合いを通して、一層地域に根差した幼稚園になってきていることを感じとてもうれしいです。
ご指導・ご協力いただきました皆様に心より感謝申し上げます。

※上記の写真に関しましては、保護者承諾を頂いております。