資格・教職・公務員支援

CAREER

資格・免許(取得可能な資格・免許)

美容ファッションビジネス科

美容師コース
美容師免許(国家資格)
美容師は、主に美容室において、カット、カラー、パーマなどの施術をし、ヘアスタイルを創り上げる仕事です。
活躍の場は美容室だけではなく、結婚式場やマツエクサロン、美容部員、ビューティーアドバイザー、雑誌の撮影やショーなどさまざまな場所で美容師が活躍しています。国家試験は筆記試験と実技試験があります。
JNEC ネイリスト技能検定
国際的に通用するネイリストの育成を目指す公益財団法人日本ネイリスト検定試験センター(JNEC)が主催する正しい技術と知識の向上を目的とした実践に役立つ検定試験です。検定は1級を最高と、1級、2級、3級の段階に分かれており、必ず3級から受験し合格者のみ次の級に進むことができます。検定試験は実技試験と筆記試験があります。ネイルの技術には、ネイルケア(爪の手入れ)、イクステンション(人口爪)、リペア(爪の修復・補強)、アート(爪のデザイン・装飾)などがあり、ネイリストは目的やリクエストに合わせて施術を行います。
JNA ジェルネイル技能検定
ネイルの正しい知識と安全な技術の確立を目指すJNA(NPO法人日本ネイリスト協会)では、安心して施術を受けられるよう健全なジェルネイルの普及を目的に、ジェルネイル技能検定試験を実施しています。
この試験は、プロとして、サロンワークでジェルネイルを施術するために必要な理論と技術の修得を問うものです。
検定は上級、中級、初級の段階に分かれており、必ず初級から受験し合格者のみ次の級に進むことができます。
検定試験は実技試験と筆記試験があります。
フェイシャルエステティシャン(日本エステティック協会認定)
エステティックとは、人々の心身の健康と美しさを維持・回復・増進させ、人々に幸せと満足感をもたらすことです。
エステティシャンは、人々の美しくあるためのお手伝い(ケア)を手技・機器・化粧品の組み合わせにより施術を行う全身美容プロフェッショナルです。エステティックの中心メニューは、フェイシャルエステティックとボディエステティック。
フェイシャルエステティックは主に皮膚のマッサージやパック・マスクなどの化粧品による手入れを行います。
認定フェイシャルエステティシャン資格は、衛生・安全・エステティックの基礎理論・フェイシャルケアの基礎知識を有するエステティシャンです。
JAAアロマコーディネーターライセンス
アロマコーディネーターとは、「花や草から生まれる香りのエッセンスの知識をもとに、自然の香りに親しみ、愉しみながら、より豊かなライフスタイルを”提案・実現”出来る人」と定義され、家庭内や職場内、ショップ、サロンでと様々な場面でアロマを活かすことの出来る人を言います。またこの資格は、アロマセラピーに関する基礎知識を備え、アロマを安全に生活に取り入れることができる人であることを示すJAAの最もベーシックでオールマイティなJAA認定資格です。
カラーコーディネーター検定Ⓡ
仕事に役立つ、実践的な色彩の知識を学ぶことができる東京商工会議所主催の公的資格です。
色の性質・特性など、色彩の知識を身につけることで、色の持つ効果をビジネスシーンに活かすことができます。
色彩に関する専門的なスキルを向上させることで職場でのキャリアアップの実現や、「色」を有効なビジネスツールとして活用することができます。
サービス接遇検定
財団法人実務技能検定協会が主催する検定試験で、サービススタッフの資質・専門知識・一般知識・対人技能・実務技能の点からサービスマインドを理解しているかを試す試験です。
「サービス」とは「相手に満足を提供する」ということで、このような相手に満足を提供する行動を「接遇」といいます。
ビジネスにはすべてサービス接遇の要素があるともいえます。接客業務に関する知識が身に付くので、サービス業など、接客を行う仕事への就職・転職・キャリアアップに役立つほか、お客様とのコミュニケーションが大切な職場でも活用できます。
ファッション・ビジネスコース【コース共通】
リテールマーケティング(販売士)検定
販売技術や接客技術はもちろん、在庫管理やマーケティング、労務・経営管理にいたるまで、幅広く実践的な専門知識が身につく、商工会議所主催の社会的にも高い信頼と評価のある公的資格です。店舗経営、接客が必須となるサービス業や飲食業など業種を問わず多方面で活かすことができます。
ブライダルプランナー検定(ABC協会認定)
「ブライダルプランナー」とは、結婚式を予定されているお客様の要望に合わせ、幅広く・高いスキルが求められる専門職です。国際的に最大規模の全米ブライダルコンサルタント協会(ABC協会)が、その求められる知識と能力を認定する全国一斉の試験です。本学は、短大としては全国でも数校の協会認定校であり、受講における様々な特典が設定されています。
ドレススタイリスト検定(ABC協会認定)
全米ブライダルコンサルタント協会(ABC協会)認定のブライダル市場を理解したコスチューム担当者の育成を目標に設けられた検定試験です。ブライダル業界に限らず広くアパレル分野で仕事をする上で大いに役立つ検定試験といえます。ABC協会が認定した教育機関(認定校)の在学生のみ受験が可能で本学はその認定校です。
カラーコーディネーター検定Ⓡ
仕事に役立つ、実践的な色彩の知識を学ぶことができる東京商工会議所主催の公的資格です。
色の性質・特性など、色彩の知識を身につけることで、色の持つ効果をビジネスシーンに活かすことができます。
色彩に関する専門的なスキルを向上させることで職場でのキャリアアップの実現や、「色」を有効なビジネスツールとして活用することができます。
サービス接遇検定
財団法人実務技能検定協会が主催する検定試験で、サービススタッフの資質・専門知識・一般知識・対人技能・実務技能の点からサービスマインドを理解しているかを試す試験です。
「サービス」とは「相手に満足を提供する」ということで、このような相手に満足を提供する行動を「接遇」といいます。
ビジネスにはすべてサービス接遇の要素があるともいえます。接客業務に関する知識が身に付くので、サービス業など、接客を行う仕事への就職・転職・キャリアアップに役立つほか、お客様とのコミュニケーションが大切な職場でも活用できます。
JNEC ネイリスト技能検定
国際的に通用するネイリストの育成を目指す公益財団法人日本ネイリスト検定試験センター(JNEC)が主催する正しい技術と知識の向上を目的とした実践に役立つ検定試験です。検定は1級を最高と、1級、2級、3級の段階に分かれており、必ず3級から受験し合格者のみ次の級に進むことができます。検定試験は実技試験と筆記試験があります。ネイルの技術には、ネイルケア(爪の手入れ)、イクステンション(人口爪)、リペア(爪の修復・補強)、アート(爪のデザイン・装飾)などがあり、ネイリストは目的やリクエストに合わせて施術を行います。
JNA ジェルネイル技能検定
ネイルの正しい知識と安全な技術の確立を目指すJNA(NPO法人日本ネイリスト協会)では、安心して施術を 受けられるよう健全なジェルネイルの普及を目的に、ジェルネイル技能検定試験を実施しています。
この試験は、プロとして、サロンワークでジェルネイルを施術するために必要な理論と技術の修得を問うものです。
検定は上級、中級、初級の段階に分かれており、必ず初級から受験し合格者のみ次の級に進むことができます。
検定試験は実技試験と筆記試験があります。
JAAアロマコーディネーターライセンス
アロマコーディネーターとは、「花や草から生まれる香りのエッセンスの知識をもとに、自然の香りに親しみ、愉しみながら、より豊かなライフスタイルを”提案・実現”出来る人」と定義され、家庭内や職場内、ショップ、サロンでと様々な場面でアロマを活かすことの出来る人を言います。またこの資格は、アロマセラピーに関する基礎知識を備え、アロマを安全に生活に取り入れることができる人であることを示すJAAの最もベーシックでオールマイティなJAA認定資格です。
日商PC検定(文書作成)
企業実務においてIT(情報通信技術)を利活用する実践的な知識、スキルを修得するとともに、ネット社会に対応した新たなビジネススキルの育成を図ることを目的として実施されている検定試験です。本検定では、ビジネス文書の作成、および編集などの技能が問われ、パソコンやネットワークの操作・活用能力などの仕事力のアップを図る内容になっています。
ファッション・ビジネスコース【ファッションフィールド】
ファッション販売能力検定
一般社団法人 日本ファッション教育振興協会 主催、ファッション販売におけるペシャリスト養成のための検定試験です。ファッション、アパレル業界の現場である店舗において、商品・販売・流通を中心とした専門知識・技術の向上とショップ運営に必要な知識や実践的能力の向上を目的に実施されています。
ファッション・ビジネスコース【ビジネスフィールド】
情報処理士
コンピュータシステム、情報通信技術、企業での情報実務上の課題解決に向けたソフトウェアの操作、インターネット活用、データ管理などを行う実践力があることをあらわす認定資格です。全国大学実務教育協会が定める科目を修得することによって認定されます。
ビジネス実務士
情報収集・活用、企画立案、文書作成などの実務能力のみならず、組織でのさまざまな課題解決にむけてメンバーと協働する総合的な実践力があることをあらわしている認定資格です。全国大学実務教育協会が定める科目を修得することによって認定されます。
医療秘書実務士
医療機関や福祉施設において「医学の知識を持った秘書」や「接遇の専門家」など医療事務や種々の情報の管理能力、コミュニケーション能力等を備えた専門職として医療や福祉分野で期待される資格です。
日本医療福祉実務教育協会の定める科目を修得することによって認定されます。
ファイナンシャル・プランニング技能検定(国家資格)
厚生労働大臣から指定を受けた一般社団法人 金融財政事情研究会と特定非営利活動法人 日本ファイナンシャル・プランナーズ協会(日本FP協会)の2団体により実施されている国家試験です。
顧客の資産に応じた貯蓄・投資等のプランの立案・相談に必要な技能の程度を検定、合格者には国家資格であるファイナンシャル・プランニング技能士の称号が付与されます。
日商PC検定(データ活用)
日本商工会議所主催の資格・検定です。ネット社会に対応したビジネス・スキルの育成を図ることを目的としています。
「データ活用」分野の試験は、表計算ソフトウェアを活用して表やグラフの作成、業務データのデータ処理を行い、的確なデータ分析や効果的な資料の作成などを問う内容になっています。1級から3級までの認定レベルがあり、各級の合格はデータ活用能力の高度さをあらわしています。
日商簿記検定
企業の経営活動を記録・計算・整理して、財務諸表(貸借対照表と損益計算書)を作成することができる人材の育成を図ることを目的とした資格・検定です。主催は日本商工会議所になります。簿記は、商品やお金の流れを把握したり、企業の財政状態や経営成績を判断するためにも、経理・財務の担当者だけでなく、営業や販売などのさまざまな職種にたずさわる人にも必要不可欠な知識・技能となっています。1級から初級まで認定レベルがあり、各級の合格は能力の高度さをあらわしています。
ビジネス文書技能検定
実務技能検定協会が主催し、認定する資格・検定試験です。さまざまなビジネスシーンで必要になる文書を適切な正しいかたちで作成する知識・能力が問われます。ビジネス文書とは社内や取引先との間で、交わされる書類のことです。一般の手紙とは異なり必要な要件を簡潔に過不足なく表現することがもとめられる内容となっています。
1級から3級までの認定レベルがあり、各級の合格はビジネス文書を作成する知識・能力の高度さをあらわしています。
情報検定 情報活用試験(J検)
職業教育・キャリア教育財団が主催し、認定する資格・検定試験です。情報検定は「情報」を取り扱う人材に必要とされるICT(情報活用技術)能力を客観的基準で評価する文部科学省後援の検定試験です。「情報活用試験」では、会社・学校・自宅などでパソコンを利用する人材に求められる、情報を「使う」能力を測ります。1級から3級まで認定レベルがあります。
秘書技能検定
実務技能検定協会が主催し、認定する資格・検定試験です。職業人としての常識である言葉遣いやビジネスマナーなど総合的な知識・能力が問われます。秘書実務検定という名称ですが、資格・検定を通して学習する内容は職業社会にでたときに役立つ基礎的な知識が中心です。そのため、「秘書」の職務でなくともその知識は活かされます。
1級から3級までの認定レベルがあり、言葉遣いやビジネスマナーなどの知識・能力の高度さをあらわしています。

保育学科

保育士
0歳児から就学前の乳幼児に対する心身の成長を支援し、保護者及び保育所周辺の子育てのサポートなどを行います。また、専門的知識と技術をもって、子どもに対して養護面と教育面から育児力に関する指導を行います。
指定科目を履修し保育実習を受けることで卒業時に保育士資格が取得できます。
幼稚園教諭二種免許状
所定の単位を修得し、幼稚園教諭として資格を有する者と認定されると、その者に幼稚園教諭二種免許状を授与します。幼稚園は主として3歳から小学校入学までの幼児に対して、その幼児の大事な人格形成の基礎づくりに関わる教育を行う学校です。
レクリエーションインストラクター
スポーツやカルチャーなどのレクリエーション活動を通して豊かな生活の実現のために、地域の活性化、参加者の心身のリフレッシュを促すなど、多彩なプログラムを提供する指導者の資格です。
認定ベビーシッター
ベビーシッターとは、一般的に利用者の自宅で赤ちゃんや幼児の保育をする(在宅保育)人のことをいいます。
その訪問型保育(在宅保育)に対して保育士資格をもった上で専門的に対応する資格です。
認定ベビーシッターは、公益社団法人 ベビーシッター協会が認定する資格です。
こども音楽療育士
心身に障害のある子どもたちの発達を音楽の力を使って援助するための音楽療育に関する知識や技術を認定する資格です。
社会福祉主事(任用資格)
社会福祉主事任用資格とは、公務員が特定の業務(福祉事務の現業員、ケースワーカー等)に任用される時に必要となる資格です。福祉事務所現業員として任用される者に要求される資格であり、社会福祉施設職員等の資格に準用されています。

食物栄養学科

栄養士
食・栄養・健康に関するスペシャリストとして、健康管理や健康の維持増進を図ることを目的とし、病院や学校、福祉施設、スポーツ施設などで、献立の作成や調理業務および栄養相談などを行います。
食物栄養学科必修科目を修得すると、卒業と同時に栄養士の免許が得られます。
2年次に一週間程度の学外実習を2回行います。
栄養教諭二種免許状
小学校・中学校において、食育の推進に中核的な役割を担う栄養教諭になるための免許です。
児童・生徒に望ましい食習慣や食の自己管理能力を身に付けさせるため、学級担任等と連携して給食の時間や学級活動等で集団的な食に関する指導を行ったり、肥満・偏食・食物アレルギーなどに関する個別指導を行います。
また、学校給食の管理も併せて行います。2年次に5日間程度の教育実習を行います。
フードスペシャリスト
食の本質が「おいしさ」、「楽しさ」、「おもてなし」にあることを学び、食に関する知識と技術を身につけた食の専門家としての資格です。食品の開発製造、流通、販売、外食などを担う食品産業をはじめ、食関係の幅広い分野で活用できます。さらに上級の資格である、専門フードスペシャリストを目指すことも可能です。
医療秘書実務士
医療機関や福祉施設において「医学の知識を持った秘書」や「接遇の専門家」など医療事務や種々の情報の管理能力、コミュニケーション能力等を備えた専門職として医療や福祉分野で期待される資格です。
日本医療福祉実務教育協会の定める科目を修得することによって認定されます。
2年次に6日間程度の学外実習を行います。
メディカルクラーク(医科)
病院やクリニックなどの医療機関で事務や経理などの業務を行うのが医療事務で、メディカルクラークともよばれています。業務内容は外来患者への受付業務、入院患者への対応(病棟クラーク)、レセプト業務(診療報酬請求業務)、秘書業務、医療費の算定をするオペレータ業務などが主な仕事です。
医療事務技能審査試験の合格者にはメディカルクラーク(医科)の称号が付与されます。
日商PC検定(文書作成)
企業実務においてIT(情報通信技術)を利活用する実践的な知識、スキルを修得するとともに、ネット社会に対応した新たなビジネススキルの育成を図ることを目的として実施されている検定試験です。本検定では、ビジネス文書の作成、および編集などの技能が問われ、パソコンやネットワークの操作・活用能力などの仕事力のアップを図る内容になっています。
診療報酬請求事務能力認定試験
厚生労働大臣認可の一般社団法人日本医療教育財団によって実施されている試験で、「レセプト」の作成能力があるがどうかを判断される資格試験です。医療事務として大切なレセプト作成能力を試される試験のため人気の高い試験ですが、難易度が高く、医療事務の資格の中で最も難しい試験のひとつになっています。

専攻科(介護福祉専攻)

介護福祉士(国家試験受験資格※)
介護福祉士は、専門的な知識と技術のもとに介護を必要とされる方がたの日常生活を支援する国家資格です。
介護サービスの中核となる資格であり、資格登録者数は約150万人(平成30年現在)。「身体介護」「生活支援」「相談・援助」及び、レクリエーション活動やいきがい支援など、一人ひとりの心身に応じた自立生活を支えます。
※平成29年度より、介護福祉士の取得には「国家試験合格」が必要です。ただし、平成33年度の卒業生までは国家試験を受験しなくても資格取得ができる経過措置(卒業後5年間の継続勤務)が設けられています。
福祉住環境コーディネーター2級・3級
高齢者や障害のある方々に、安全で安心して暮らせる住環境を提案するアドバイザー。各種の専門家と連携をとりながら、段差の解消や手すりの設置といった住まいのコーディネートや、一人ひとりの心身の状況に適した住宅改修プランを提示します。また、車いすや介護ベッドなどの福祉用具、介護用品などの提案や適切な使い方のアドバイスもおこないます。

教職・公務員支援

東筑紫短期大学では、教職・公務員就職に向け、様々な説明会や講座、各種模試を実施しています。また、本番で力を十分に発揮できるよう、採用試験に向けた面接練習、グループディスカッションや模擬授業対策、筆答試験対策講座などを行っています。

公務員・教員対策講座

Ⅰ.公務員試験・教員(栄養教諭)試験に共通する一般教養対策
公務員、教員、一般企業・・・。どこを目指すにも一般教養は必須です。
本講座ではいずれの進路にも対応できる基本的な一般教養を、経験豊かな講師が徹底的に指導します。
一般就職で必須のSPIも、本講座の「数的推理」「判断推理」で完全対応しています。
Ⅱ.受講生面談による学習アドバイス・受験先アドバイス(12月・1月)
受講している学生を対象に面談を行います。
「学習がうまくいかない」「時間が取れない」「どこを受験すればいいかわからない」
上記のような悩み、疑問を専門の講師が相談に応じます。
Ⅲ.講座終了後も補講を実施(4月以降)
当講座終了後の平成30年4月以降に、月1回のペースで補講を実施します。
継続的な学習に対する状況確認や、夏以降に実施される本試験の情報提供等を行います。

年間カリキュラム概要

講義科目・回数

大学内公務員講座 全回数:50回(1コマ=1.5時間)

実施科目 回数 実施科目 回数
オリエンテーション・学習G 3回 歴史 5回
数的推理 6回 地理 5回
判断推理 5回 文章理解 2回
図形 4回 理科 3回
教養政治 5回 作文・小論文 1回
教養経済 4回 面接 2回
社会 3回 政治経済演習 1回
数的処理演習 1回

※上記以外に模擬試験が4回あります。