入試概要(入学検定料・学費)

ADMISSION

アドミッションポリシー(入学者受け入れの方針)

保育学科

本学科では、幼稚園教諭や保育士等、子どもの成長を育み支援する人材の育成を目指しています。保育や幼児期に関心をもち、学ぶ意欲のある学生を求めます。

  1. 1建学の精神(勇気・親和・愛・知性が調和する人間性を養う人格教育)に賛同する人
  2. 2保育者になろうとする強い意志をもち積極的に学び、努力を惜しまない人
  3. 3子どもが好きで、子どもと積極的にかかわり理解しようとする意欲がある人
  4. 4豊かな感性とコミュニケーション能力、温かな愛情をもって子どもの健やかな成長を支援しようとする人
  5. 5将来、認定こども園や幼稚園、保育所、児童福祉施設等で働き、社会貢献しようとする人(幼稚園教諭や保育士等は、多様な分野の知識や技能が必要です。従って高校時代においても、幅広く学び、各教科の基礎的内容を身に付け、問題解決に自ら進んで取り組むことを期待します。)

食物栄養学科

本学科では生きる基本である「食」を通して人々の健康づくりに貢献できる栄養士を目指しています。よって、食物栄養学科では以下のような学生を求めます。

  1. 1建学の精神(勇気・親和・愛・知性が調和する人間性を養う人格教育)に賛同する人
  2. 2現代社会で求められる「食」のプロとして社会に貢献したいという熱意を持つ人
  3. 3「食」や「健康」に対して強い関心を持ち、主体的に学習する意欲を持つ人
  4. 4子どもの食生活の大切さについて関心を持ち、栄養教諭を目指す人
  5. 5「医療」や「福祉」にも興味関心があり幅広く学ぼうとする意識を持つ人
  6. 6お互いの役割を理解し合い協調性をもって取り組むことができる人

全学科共通

入学前までに学んでおくことがのぞましい内容

全ての学科において、幅広い教養と専門性、また多様な分野の知識や技術が必要となります。高校までの学習も、特定の教科目に限定せず、幅広く各教科目の基本的事項を理解し、基礎学力を身につけていることが期待されます。

入学者選抜(評価方法)について

アドミッションポリシーに基づき、高い学習意欲と専門知識や技術の修得への意欲を有しているかを判断するために、学校推薦型選抜のみならず一般選抜においても面接を実施します。

学科・募集人員

※特待生制度有(特待生選抜・前期一般選抜)

学科 募集人員
保育学科 150名
総合型選抜:15名
特待生選抜:全学科で20名(全額免除10名、半額免除10名)
学校推薦型選抜(前期):90名
学校推薦型選抜(後期):若干名
一般選抜(前期):25名
内特待生:全学科で10名(半額免除)
一般選抜(後期):若干名
大学入学共通テスト利用選抜(前期):8名
大学入学共通テスト利用選抜(後期):若干名
社会人選抜:若干名
食物栄養
学科
70名
総合型選抜:7名
特待生選抜:全学科で20名(全額免除10名、半額免除10名)
学校推薦型選抜(前期):40名
学校推薦型選抜(後期):若干名
一般選抜(前期):13名
内特待生:全学科で10名(半額免除)
一般選抜(後期):若干名
大学入学共通テスト利用選抜(前期):5名
大学入学共通テスト利用選抜(後期):若干名
社会人選抜:若干名

◎修業年限:2カ年(男女共学)

出願資格

以下のいずれかに該当する者。

  1. 1高等学校又は中等教育学校を卒業した者及び令和4年3月卒業見込みの者。
  2. 2通常の課程による12年の学校教育を修了した者及び令和4年3月修了見込みの者。
  3. 3その他文部科学省令により、上記と同等以上の学力があると認定された者。

入学検定料

◎総合型選抜・特待生選抜・学校推薦型選抜・一般選抜・社会人選抜…25,000円
◎大学入学共通テスト利用選抜…10,000円

入学資格の個別審査

①個別資格審査対象者

高等学校を卒業していない者(卒業見込み者を除く)等の学校教育法に定める入学資格を有しない者で、高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると見込まれる者で入学時において18歳に達する者。

②申請期間・申請方法

「東筑紫短期大学 入学資格審査申請書」(様式1)に添付書類を添えて、下記の期日までに本学教務課入試係に提出してください。
各試験(推薦入学を除く)の出願予定者は出願開始日の2週間前まで。

※申請書(様式1)が必要となりますので、必ず教務課入試係に事前に問い合わせを行ってください。